中条地域歴史のページ


大井田氏に関する歴史

どうして上野の国の新田一族からこの地に土着したのだろう。平泉の藤原を源頼朝が攻めたとき 新田一族が 源氏に参加し、その恩賞として所領

、地頭職を充てられたと思われる。新田一族の里見氏の、大島義継が大井田郷の地名を名のったと考えられる。魚沼の新田一族には 大井田、

 田中、鳥山 羽川 小森沢 上野 下条 中条、その他がいた。


1333年 鎌倉幕府が新田荘(群馬県)に派遣した徴税の使者を新田が、斬って自立を決意した新田義貞が、挙兵した笠懸野に撃った時越後の一族

里見 鳥山 田中 大井田 羽川 たちが 新田本陣に参戦し、
北条氏を討ち、鎌倉幕府は滅びた。 それから越後勢も上京した。後醍醐

天皇は公家と武士で新しい政治を始めまたが、武士の力で幕府を倒したにも恩賞が少なく、公家を中心とした政治が進められ、武士の間では不満

がではじめ幕府政治の復活の望むものが増えてきた。こうした武士の不満を組織したのが、足利尊氏だった。信濃に移った北条が鎌倉を取り返そう

と兵を上げた(中先代の乱)が、鎌倉を守っていた尊氏の弟 直義(ただよし)を救おうと天皇の許しを得ないうちに鎌倉を奪回し多くの武士の不満も

あり、天皇の政治不信もからみ、上京の帰還命令に従わず、そのまま鎌倉に居座った。驚いた天皇は、新田義貞に命じて足利尊氏の討伐を指示し

たが敗れ、新田勢は敗走する足利は新田勢を追い京に入る。天皇は一時、比叡山に逃れるが陸奥の北畠顕家の軍が到着して再び戦いになる。今

度は激戦のせい足利尊氏は敗れ九州に逃れる。(1336年)3月 足利勢が再起し、大軍を率いて再び東上していく。

大井田氏経と新田系一族が2000騎で備中福山(岡山県)船坂城を攻め落とし、さらに進んで福山城で陣をとったが、相手は30万騎 こ

ちらは2000騎 この城で大軍を抑える事はできない。勝つ見込みがない。でも備中福山(岡山県山手村)で足利直義30万の大軍と迎え

撃つた。その時に

「足利軍を抑えようと出陣してきたのに大軍と聞いて逃げ出してなんとしようぞ」

「合戦の習いで、勝敗は時の運である...名を子孫に残そうと思い定められよ。」
 
                             

と言って勇敢に戦い、敵の中を駆けると、残念生きのこったのは400騎、福山城に残った味方兵士は残念ながら落とされた。福山城から

脱出した大井田氏は、備前の味方と合流し、数十回 敵陣を斬って脇屋義助の陣にたどり着いたのは5月18日だった。
京より新田氏の援護

に向かう楠正成。やがて両軍は新田本軍と合流し、一週間後に兵庫で足利軍と戦う。この戦いで楠正成は戦死、新田軍も敗れて足利軍は京都を目

指し攻め上り、京都にいた後醍醐天皇は大井田、新田らにより比叡山に逃れる。このときも大井田氏と他の新田一族とともに天皇を守っておつ

かいしました
足利が将軍になった後(室町幕府)も新田、大井田は抵抗しつづける。その後、天皇はひそかに花山院を逃れ吉野へ。(ここから

南北朝時代が始まる)激戦のすえ、新田氏は恒良親王をつれ越前 金ヶ崎城にたてこもる。このときに大井田勢は 越後中条に 帰還したと思

われる。
越後の南朝(新田及び天皇側) は 越後の北朝(幕府足利側)(阿賀野川以北の武士)と何度か戦う。幾度の戦いで新田勢は組織的

な戦いに終止符をうつ。その後越後の国も上杉氏の支配に急速になっていく。大井田氏、越後の新田一族は越後の守護上杉の支配化の中に

入っていく。
永世の乱以後 守護代、長尾氏が実権を掌握する。以後 いくつかの内乱がおきるが、謙信の時代でも大井田一族は活躍する。

上杉謙信亡き後  上杉景勝と上杉影虎の内乱がおこる。(御館の乱)大井田氏一族は上杉景勝に味方し、坂戸城など離れた場所で城主と

なり功績を上げる。
上杉景勝の家臣団の中でも在るべき地位を確保していた。幕府の1593年上杉氏の会津移封にともない、大井田 上野 小森

沢 らの武士は会津に移り、
その後は米沢に移る地侍、及び 百姓 は妻有に残った。



福山城の戦いの中で

抵抗しながらも敗戦はしたものの、その勇敢な戦いは、

「妻有に大井田あり」と有名になり、今でも歴史のなかの有名な出来事となつています。

信義を貫き通したひたむきな誠実さと、さわやかな生きざまは、

われわれの誇りとするものです。
                            



大井田城址には「清風万里 大井田城」と書かれた碑がありますが、戦国の世を生き抜く為に、裏切りも珍しくなかった中で、
最後まで南朝

側に立ってさわやかに戦った大井田氏。名を重んじよ と人として最期までスジを通し自分(家)の名に恥じない生き方を示した大井

田氏でした。

全国大井田氏サミツト
福山の戦いから今年は670年を迎える
平成3年、全国に散らばっていた大井田姓の人々を中心に、一族の故地・十日町市にお招きし第1回全国大井田サミットを機に同族会が結成。

第1回 平成3年5月   同族会は地元市民との交流の絆を深めるため、
                 平成4年から毎年雪祭りの児童作品に15万の図書券を寄贈し毎年続ける。
第2回 平成5年7月   大井田城跡山頂に 800万円を投じて、竹内道雄氏の作詩による「清風万里 大井田城                」の顕彰碑を建てる。

第3回 平成8年5月   岡山の福山城で鎮魂慰霊の法要を行い、十日町から50名が参列し、このときから中条小                 学校と山手小学校の交流が始まる。毎年2月に山手小が来市し雪国を体験、夏には中                 条小がホームステイし瀬戸内海での体験をしている。

第4回 平成15年7月  全国大井田氏サミットを開催する。
第5回 平成25年6月  全国大井田氏サミットを開催する。

 ●大井田同族会は、十日町市だけでなく山手小学校と中条小学校との交流にも力を入れている

大井田賞について
大井田同族会の皆さんが、十日町と大井田一族の故地に比定されている、大井田郷の中心地である中条・大井田地区とのより一層の絆を深めようと、平成19年に創設した賞。
 目的は、地区内にある中条中学校の生徒を対象に、地域や学校生活で活躍または、活動が顕著な生徒を顕彰し、地域と子供たちに希望と励みを与えようという趣旨から企画されたものである。

第1回授賞式 平成19年2月    優秀賞1 奨励賞5 特別賞1       計7名
第2回授賞式 平成20年2月    優秀賞1 奨励賞7             計8名
第3回授賞式 平成21年2月    優秀賞3 奨励賞3             計6名
第4回授賞式 平成22年2月    優秀賞1 奨励賞3 特別賞(団体)1   計12名
第5回授賞式 平成23年2月    優秀賞1 奨励賞(団体)1         計5名
第6回授賞式 平成24年2月    特別賞10                   計10名
第7回授賞式 平成25年2月    奨励賞1 特別賞2              計3名
第8回授賞式 平成26年2月    優秀賞1 奨励賞2              計3名



よろい、かぶと の変化

よろいかぶとは、古いものでは弥生、古墳時代のものが残っており、そのころのものがどんな形をして、どれくらいの大きさかが分かります。

奈良 平安時代にかけ、非常にきれいな飾りのついた、立派なよろい(大よろい)になっていき、鎌倉、室町時代で完成(頂点)をむかえます。その後

、鉄砲、長い槍の戦団がでてくると、身軽なよろい(具足・胴丸)になります。ついに、明治初期からは西洋の軍装に変わっていきます。日本の「よろ

い・かぶと」は、美術工芸品としてもヨーロッパへ輸出されていました。

ホームに戻る