最近のおたより

松之山タイム new

2016.05.30 / 久保田 智恵美


 緊張して臨んだインタビューですが、松之山を思う人、松之山で生活をする生徒として会話も弾み始めました。互いの距離もどんどん縮み笑顔いっぱいです。生徒は、これまでさまざまな経験をしてこられた先輩の話に耳を傾けています。「人とかかわる」ことから生まれる実感を伴った経験は、これからの学習活動で大切にしていきたい学びのスタイルです。


 3年生だけでは会食を賄えないため、1年生、2年生にも協力をしてもらい、全校で給食会食を行いました。今日の献立は、「松中山菜ご飯、鮭のつけ焼き、五目豆煮、さっぱりゼリー」です。松中山菜ご飯には、生徒が採った山菜が入っています。また、東京松之山会の皆さんからデザートの葡萄をいただき、豪華で美味しい給食会食となりました。学校給食の経験がない方や遠い昔の給食を思い出し、「今の給食はこんなに美味しいの?」と驚かれていました。・・・松之山中の給食は特別美味しいのです!


 有意義な時間はあっという間に過ぎてしまいます。互いになごりをを惜しむようにお別れです。生徒の作った看板を記念に欲しいと言ってくださった方もおられます。秋の米の収穫ふるさと交流会に、またお会いできることを期待しています。
 松之山への思いを持ち続けて生活をする人の存在を知ることができた生徒たち、これからの学習活動の糧にして次にお会いするときには、一回りも二回りも成長した姿をお見せできるよう頑張ってくれると思います。
 東京松之山会の皆さん、本当にありがとうございました。


松之山タイム new

2016.05.30 / 久保田 智恵美


 ふるさと交流会で田植えにお出でになった東京松之山会の皆さんを学校にお迎えし第一回「みんな大好き!松之山」交流会を行いました。松之山クイズやインタビュー、給食会食、全校交流など計画したメニューは盛りだくさんです。何十年ぶりに中学校に足を踏み入れた大先輩もおられました。


 村山会長さんから「松之山を離れて暮らしていて心は松之山にある」「ふるさとがあることを大事にしてほしい」「今日の出会いを大切にしたい」と生徒への熱いメッセージをいただきました。大先輩のお客様をお迎えし生徒は少し緊張気味です。


 東京松之山会の皆さんと小グループに分かれ、エクササイズも兼ねた自己紹介と松之山クイズで大いに盛り上がりました。メイン活動のインタビューでは、各グループで異なる質問を行いさまざまなお話をお聞きすることができました。
 質問は「東京松之山会の目的は?」「どんな活動を行っているか?」「入会会員はどのような方々?」「松之山の魅力は?」「会に入って良かったことは?」「カントリーポエムの名前の由来は?目的は?」「松之山を離れた理由は?」「どんな仕事をしてきたか?しているか?」等々さまざまです。交流でないと聞くことのできないことばかりで、貴重なお話をお聞きすることができました。


PAGE TOP