飛一小News

大好き!給食FMとおかまち new

2020.02.19 


2月19日FMとおかまちの「大好き給食」の放送がありました。初めに代表児童が、「好きな給食のメニュー」「飛一小の紹介」などを発表しました。その後のインタビューでは、卒業間近な6年生が「小学校の思い出」「中学校で頑張りこと」などを答えました。どの子も、しっかりした受け答えで感心しました。




サケの飼育は難しい。 new

2020.02.19 


卵を孵化させ、稚魚の飼育に餌をやり始めて約1か月。順調に成長させてきた子どもたち。2月16日まで一匹もしなせずに育てることができていました。ところが、今週に入って、1つの水槽のサケの元気がなく、次々に弱る様子を見せ、別の水槽に移すとすぐに死んでしまいました。エサ不足か、水質の悪化か・・・。困った子どもたち。卵を入れてから一度も水替えをしていない水槽の方でしたので(水質が非常に安定していてクリアだったため)水質の可能性かもしれないと考え、水質ならば全て死んでしまう可能性もあったので、18日に思い切って水替えをしました。水替え中も弱ったサケが次々と死んでしまい、20匹ほどを失ってしまいました。がっかりしつつも19日は安定したようです。元気な方の水槽より1℃〜2℃ほど水温が高いのもあるかと考え、設定温度も少し下げました。本当に難しいサケの飼育です。あと20日ほどの飼育を頑張る子どもたちです。




雪像づくりができました! new

2020.02.14 


十日町雪まつりの雪の芸術祭、雪像づくりを行いました。少雪で実施が危ぶまれましたが、先週降った雪のおかげで、無事に行えました。例年は、雪が多いので後援会の方から雪を積んでもらいますが、今年は、雪が少ないので子どもたちが頑張って積み増した。ネズミ年、東京オリンピックにちなんんで、「ネズミんぴっく」と称した雪像を完成させました。




3学期、初めてのスキー授業

2020.02.10 


ようやく訪れた寒波によってグラウンドにもまとまった雪が降り、スノーモービルを動かせる状態になりました。2月10日体育の時間に3学期初めてのスキー授業を行いました。子どもたちは、久しぶりなので感覚を確かめるように、楽しく滑っていました。




冬季避難訓練を行いました。

2020.02.10 


暖冬小雪でしたが、寒波到来によって飛渡も雪景色となりました。雪の晴れ間の2月7日避難訓練を行いました。緊急地震速報が入り、まずは机の下などに身を隠す、ゆれがおさまったのを見計らって校舎外へ避難する訓練です。子どもたちは、真剣に取り組んでいました。




租税教室がありました。

2020.02.05 


十日町市法人会のみなんが来校され、5,6年生が租税教室を行いました。税金にはどんな種類があり、どんなことに使われているか、などを学びました。また、税金がなかったらどんな世界になるか、みんなから集められている大きなお金の税金を1億円の見本をもたせていただいたり貴重な学びの機会となりました。




初めて餌をあげました

2020.01.28 


サケの飼育は、いよいよ餌やりに入りました。28日初めて餌をあげました。1年生は初めての餌やりです。細かい餌をぱらぱらと慎重にあげています。早く大きくなるといいなあと思っています。




豆まき朝会

2020.01.28 


1月28日、少し早いですが「豆まき朝会」(児童朝会)を行いました。みんなで豆まきの歌を歌い、追い出したい鬼を発表しました。「めんどくさがり鬼」「すぐ人に頼み鬼」「だらだら鬼」「ゲーム鬼」・・・などなど。よく自分のことをわかっているなあと感じました。最後に、鬼に豆をまきました。鬼を追い出せるといいですね。




サケの飼育 覆いをとりました

2020.01.27 


12月16日にサケの卵を迎えてから、約40日がたちました。27日に水槽の覆いをとりました。どこまで成長しているかドキドキでしたが、4僂曚匹棒長していました。さいのう(袋)はすっかり消えて、魚らしくなっていました。いよいよ明日からえさやりを始めます。




アルペンスキー教室に行きました。

2020.01.20 


1月17日(金)子どもたちが楽しみにしていた、アルペンスキー教室に行きました。雪不足のため、当初予定していた当間スキー場からグリーンピア津南スキー場に会場を変更しました。当日は、前日までに降った新雪がパウダースノー状態、天候は青空と最高のスキー日和でした。子どもたちは、どんどん滑ってみるみる上達することができました。保護者のみなさからもボランティアとしてたくさんご参加いただきました。ありがとうございました。




わら細工・さいの神を行いました。

2020.01.14 


1月14日(火)伝統行事を受け継ぐ、「わら細工体験」と「さいの神」の2つを実施しました。わら細工は、地域のお年寄りや保護者のみなさんから教えていただき、わらじやぞうりをつくりました。初めての1年生も、縄ないから初めてわらじまでいきました。さいの神は、雪のないグラウンドでの実施でしたが、大きな火でおんびろを飛ばし、するめを焼いて無病息災を祈るなど楽しい行事となりました。




校内書き初め大会

2020.01.14 


1月8日(水)校内書き初め大会を行いました。冬休み練習してきた題字を、心を込めてしっかり書きました。給食の時間には、この日に自分が書いた字を紹介し合いました。




2020年 3学期がスタートしました。

2020.01.08 


あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。2020年新しい年と3学期がスタートしました。1月7日始業式を行い、授業が始まりました。始業式では、代表児童がめあてを発表しました。「スキーを頑張ります」「漢字や算数を頑張ります」としっかりと自分の考えを話すことができました。




おんびろを作りました。

2019.12.24 


12月24日(火)2学期最終日、橋本公民館長さんを講師にお招きして、おんびろ制作を5、6年生が行いました。新水地区に伝わる、道楽神の際にとばす5色の紙細工です。高く上がるとその年は豊作と言われています。カッターを手に、がんばって完成させました。




2学期の終業式です。

2019.12.24 


12月24日(火)本日で80日間の2学期が終了しました。終業式では、がんばったことの発表や校長の話がありました。児童発表では、5年生がドリルを1学期よりがんばった、1年生が漢字やひき算をがんばったことをしっかり話すことができました。校長からは、2学期を表す漢字は、「感」様々な行事で、感動や感激の場面がつくれて素晴らしかった感心しました。それも、地域やいろいろな方の支えがあったからです。感謝しましょう、と話がありました。




「読み聞かせ」ありがとうございました。

2019.12.23 


飛一小には、毎月1回読み聞かせの会のみなさんから来ていただき、いろいろな本の読み聞かせをしていただいています。今年最後の読み聞かせを12月18日にしていただきました。(冬季は雪のため12月で終わりです)毎回、低学年と中高学年に向けていろいろはお話を聞かせていただきました。心が温かくなったり、どきどきしたりとても楽しい時間でした。新しい本の出会いもできました。また、来年もお願いしたいと思っています。




期末大清掃 校舎をきれいに!

2019.12.19 


12月18日(水)全校で期末大清掃を行いました。すす払いやまどなど、普段手の届かないところもがんばって掃除をしました。2学期も残り数日です、気持ちよく終えられそうです。




クリスマス朝会

2019.12.18 


12月の児童朝会は、クリスマス朝会です。総務委員が中心になって、宝探しゲームを楽しみました。宝を見付けた子どもたちは、手作りのフェルトでつくったプレゼントをもらうことができました。




サケの飼育を始めました!

2019.12.18 


12月16日(月)中魚沼漁協の村山組合長さんがサケの卵をもってきてくださいました。今年は、台風19号の影響で、サケが例年になく採捕できない状況でした。そんな中、苦労して手配していただき、卵をいただくことができました。子どもたちは、一匹でも多く育てて放流したい!と大事に水槽に入れました。




収穫感謝の会を開きました

2019.12.13 


12月13日、今年1年、畑での野菜づくりや米づくりを支援いただいた方をお招きして収穫感謝の会を開きました。4,5,6年生が、学校で獲れた食材を調理しておもてなしをしました。学校田とれたお米のおにぎり、畑で獲れたダイコンと白菜のみそしると浅漬け、サツマイモで作った大学芋です。シンプルな料理ですが、自分たちで栽培したものだと思うと味も格別です。感謝の気持ちを込めた演奏や感謝状を贈りました。




最後も大収穫!

2019.12.11 


畑の収穫がまだったダイコンを全員で収穫しました。先日の降雪で雪をかぶっていましたので、雪の下から掘り出しました。例年より、収穫が遅い分、大きいダイコンがたくさんとれました。大きさと重さに歓声を上げて、作業した子どもたちです。




今年初の雪上練習

2019.12.11 


冬のスキー大会に向けて、11月から特設スキー部の活動がスタートしています。
10日の練習では、今シーズン初の雪上練習を行いました。グラウンドの積雪は、5兌紊覆里如▲好痢璽癲璽咼襪發けられない状態ですが、雪とスキーの感触を確かめながら滑ることができました。




学習参観(道徳)・懇談会を行いました

2019.12.05 


12月4日、学習参観と保護者懇談会を行いました。全学級で「いじめや差別について考え、ゆるさない」をテーマに道徳の授業を見ていただきました。子どもの成長段階に応じて、考える姿がありました。懇談会では、2学期の子どもたちの学習や生活の様子についての話し合いや校長からゲームやSNSの利用の仕方についての情報提供などを行い、有意義な時間となりました。




12月の全校朝会

2019.12.03 


12月に入り全校朝会を行いました。今月は、校長が「ゲームやSNSの使い方」について話をしました。最近、小学生の誘拐やゲーム依存が新聞報道されています。ゲームやネットの使いすぎに注意したり、その結果、睡眠や学習の時間がけずられることのないように注意したりすることが大事だという内容でした。この日は給食中もこのことが話題になりました。




飛渡米を販売してきました!

2019.11.27 


11月10日(日)十日町市民交流センター「分じろう」で行われた「とおか市」で総合学習で栽培を学習したお米を販売しました。今年は4,5,6年生が米づくりを学習し、米を育てる過程で様々な体験をしました。当日は「飛渡のおいしいお米ををぜひ食べてください」とPRしました。たくさんの方から買っていただき、用意したお米を全て売ることができました。




中条小児童会祭りに参加しました

2019.11.27 


11月22日(金)中条小学校の児童会祭り「おおなっ子 ザ 祭り」に全校で参加してきました。今年から、飛一小も出店を作ることになり、「射的屋さん」を出店しました。たくさんの子どもたちや保護者のみなさんが来てくれました。出店を出したり、出店を回ったり楽しく活動しながら、中条小のみなさんと交流することができました。




秋の整備作業

2019.11.27 


学校後援会、PTA保護者のみなさんと職員で冬囲い作業を行いました。今年は、樹木の囲いを念入りにやっていただきました。冬支度が整いました。ありがとうございました。




6年生が修学旅行に行ってきました。

2019.11.27 


11月14日15日と東京方面へ6年生が修学旅行に行ってきました。旅行の目的の1つは、東京インドネシア共和国学校への訪問です。本校では、10年以上前から修学旅行の際に訪問しています。インドネシア語でのあいさつ・自己紹介、英語での飛渡地区、学校紹介をしました。インドネシアで盛んな伝統武術シラットやフロアボールなどで楽しく交流をしました。東京スカイツリー見学など首都東京での地下鉄や山手線などの交通を利用するなどの体験をすることができました。




1年生が授業公開をしました。

2019.11.11 


11月8日(金)十日町中・中条中学校区の研修会の一環で、飛一小で授業公開を行いました。各小中学校から先生方が来校し、1年生の算数の授業を参観していただきました。1年生は、初めて学校外の方から授業を見てもらうので、とても緊張していましたが、自分の意見をしっかり言うなどがんばりました。




音楽交歓会で歌声を響かせました。

2019.10.31 


10月31日越後妻有文化ホール(段十ろう)で行われた十日町市小学校音楽交歓会で、飛一小の子どもたちが合唱を発表しました。夏休み明けから練習してきた「ともだちだから」「地球星歌」を心を込めて歌いました。会場にすてきなハーモニーを響かせることができました。他校の発表も素晴らしく、とてもよい音楽を通した交流をすることができました。




ハロウィン朝会&ミッコー先生

2019.10.29 


11月29日(火)は、ハロウィン朝会でした。仮装ができる人は仮装をして体育館に整列しました。先生の中にも仮装が・・・。どうしてか、タグラグビーをして楽しみました。この日は新しいALTのミッコー先生が初めて飛一小にいらっしゃいました。ミッコー先生は、フィリピン出身ということでフィリピンの食べ物や民族衣装などについて教えていただきました。




いよいよ文化祭 準備、練習の真っ盛り

2019.10.16 


今週の日曜日20日が文化祭です。子どもたちは、ステージ発表、音楽発表の練習に、一生懸命取り組んでいる所です。地域のみなさんといっしょに行う、健康体操も講師の方から来ていただき練習しました。よい発表ができるように頑張っています。




脱穀に挑戦!

2019.10.16 


総合学習で米づくりを学んでいる飛一小。今年は、米づくりの作業を、自分たちでも、いろいろ体験しようと学習を進めています。刈り取って感想させた稲の脱穀に挑戦しました。学校にある足踏み式の脱穀機を使ってやってみました。教員も含めて初体験でしたが、やり終えることができました。精米した米は、11月10日の「とおか市」で販売する予定です。




自己ベスト更新 校内マラソン大会

2019.10.16 


10月11日校内マラソン大会を開催しました。夏休みの終わりから陸上練習と平行してマラソン練習を行ってきました。コースは学校の外周。起伏のある道です。子どもたちは自己ベスト更新を目指して全力で走りきり、ほとんどの子が自己新記録を達成することができました。応援の保護者の皆様ありがとうございました。




頑張った親善陸上大会!

2019.10.16 


10月2日陸上競技場で行われた、十日町市小学校親善陸上大会に5,6年生8名が参加しました。100m走と個人種目、リレーと一人3種目に出場しました。秋晴れの晴天の下、自己ベスト目指して精一杯競技し、6年生が出場した混成リレーが4位に入賞しました。




合唱の指導を受けました。

2019.10.01 


毎年、文化祭・音楽交歓会に向けて合唱練習に、湯沢小学校の駒形校長先生から指導をいただいています。今年も、9月30日に1回目の指導を受けることができました。音楽交歓会まで1か月前、ハーモニーのそろえ方や曲の盛り上げ方など、合唱表現について教えていただきました。2回目の指導に向けて練習していきます。




親善陸上大会 激励会朝会

2019.10.01 


10月2日に行われる親善陸上大会に出場する5,6年生の激励会を1日に行いました。1,2、4年生がしっかり準備して計画しました。5,6年生が一人一人抱負を発表し、代表児童が激励の言葉を述べて激励ました。最後に、低・中学年児童と職員でエールをおくりました。頑張ってください!




いよいよ陸上大会!

2019.10.01 


親善陸上大会が10月2日にせまりました。最後の陸上練習を行いました。競技規則を確かめたり、最後の調整練習を行いました。本番では自己ベストを目指して、5,6年生が頑張ります。




頑張った!中条小・飛一小合同マラソン大会

2019.09.26 


9月26日(木)秋晴れの空の下、中条小との合同マラソン大会を行いました。十日町市陸上競技場で、中条小の子どもたちと競い合い、親交を深めることができました。1〜4年生は、課外活動や体育の時間に練習した成果を精一杯発揮して走りきることができました。




6年生外国語科の授業

2019.09.11 


9月10日(火)6年生の外国語科(英語)の授業を、小林豊先生から来校いただき見ていただきました。6年生は、11月に東京のインドネシア学校を訪問して、交流活動を行います。その時、飛渡地区のことを英語で紹介しようと、授業で取り組みました。写真を見せながら、This is tobitari ribver. ・・・のように紹介する言い方を考え、練習しました。参観の先生方にも練習台になってもらいました。「恥ずかしがらずに、楽しそうに進んで英語を使えていますね。」と言っていただきました。




なかよし朝会(児童朝会)

2019.09.10 


9月10日(火)は、保健・環境委員会の子どもたちによる「なかよし」朝会でした。拡大中学校区のリーダー交流会で教えてもらったゲーム(グループエンカウンター的な)を全校に紹介してくれました。子どもたちは、輪くぐりゲームと伝言ゲームを楽しみながら、仲を深めました。




FM十日町・田村栄養さん来校

2019.09.04 


9月4日の給食時に、FMとおかまちの「大好き給食」の生放送と田村栄養士さんの訪問指導がありました。FMとおかまちは今年1回目でしたが、子どもたちははきはきインタビューに答えることができました。田村栄養士さんからは、給食を食べつ時のマナーや姿勢の大切さ、味覚の広がりについてお話をいただきました。




夏休み自由研究発表会

2019.09.03 


フリー参観の4時間目、夏休みの自由研究の発表会を行いました。模型や工作、科学研究、観察記録といろいろな発表がありました。今年は、発表の練習にも力をいれて、自分の工夫したことや制作で苦労したことをしっかり聞いている人に伝えることができました。




木工教室を開催しました。

2019.09.03 


9月3日(火)午前フリー参観日、午後は個別懇談会を行いました。フリー参観では、十日町建築組合の青年部のみなさんから木工教室を行っていただきました。子どもたちに都合のつく保護者のみなさんや職員も加わり、プランターの台を制作しました。作業は、釘打ちがほとんどでしたが、なかなか難しく、とてもよい体験となりました。




拡大中学校区・青少協あいさつ運動

2019.08.29 


新学期スタートと同時に、拡大中学校のあいさつ運動が始まりました。卒業生の中学生と飛渡地区青少年育成協議会のみなさんが、学校に来てあいさつをしてくだいました。8・9月の生活目標「あいさつ」ですので、元気なあいさつを響かせたいです。




秋野菜づくりに挑戦!

2019.08.29 


始業式の日、さっそく秋野菜のダイコンの苗植えを全校でしました。昨年、大収穫でしのたで、今年も期待しています。文化祭のお汁にも入れられたらと期待しています。また、今年は、白菜づくりも行う予定です。9月に入ったら種まきです。




2学期がスタートしました。

2019.08.29 


夏休みが終わり、子どもたちの元気な声が学校にもどってきました。始業式では、代表児童の2学期のめあて発表、校長講話、生活目標の指導を行いました。全校児童13人と職員8名、力を合わせて頑張ります。




新潟大学児童文化研究部のみなさんとの交流

2019.08.22 


 今年も、新潟大学児童文化研究部のみなさんが飛一小にやってきてくださいました。既に、10年以上も継続して毎年訪問してくださっています。今回で3年連続という学生さんもいます。今年も、いろいろなゲームで交流したり人形劇を見せていただいたり、最後にスライムづくりの体験をやってくださり、子どもたちにとって楽しい夏休みの1日となりました。




子どもたちの元気な声が戻ってきました

2019.08.20 


8月19日(月)陸上練習とパワーアップ教室で子どもたちが登校しました。陸上練習では、元気よくグラウンドで汗を流しました。その後は、教室で学習。宿題の残りに取り組んだり、自分の課題に応じて練習問題に取り組んだりしました。今年から教室もエアコンが設置されたので、集中して学習することができました。




PTAプール

2019.08.01 


7月30日〜8月1日の3日間PTAプールを行いました。水泳学習のまとめと、水泳を楽しむ3日間でした。これで今年度のプールも終了です。子どもたちは真っ黒に日焼けしました。




「川遊び」は、プール遊びで楽しみました。

2019.07.29 


7月28日(日)子どもたちが楽しみにしていた濃実会主催の「川遊びの会」は、前夜の豪雨で水量が増えたため、飛一小での活動に変更して行いました。魚のつかみどり、イワナの放流を行いました。水生生物の観察は、昆虫探しに変更して、南雲先生から昆虫や植物について教えていただきました。つかみどりをしたニジマスを焼いていただき、豚汁と共にいただきました。昼食の前後は、川のプールの代わりに学校のプールで存分に泳いぎました。川遊びはできませんでしたが、楽しい活動ができました。




5、6年生が十日町地区親善水泳大会に出場しました。

2019.07.29 


7月26日(金)十日町地区(旧十日町市)の小学校親善水泳大会に5,6年生の8名が出場しました。6月末から練習しきた練習の成果を存分に発揮しました。一人2種目、4×25mメドレーリレーと4×50mフリーリレーにも出場しました。多くの子どもが自己ベストを出し、5年男子50m背泳で2位3位、6年女子50mバタフライと50m背泳で4位と4種目で入賞を果たしました。また、中条小学校の子どもたちと合同応援をすることができて、親善の意味も十分果たせた水泳大会でした。




1学期が終了しました。

2019.07.24 


71日間の第1学期が終了しました。終業式では、上下学年の代表が、1学期の振り返りを発表し、校長が講話をしました。34日間の夏休み、ぜひ充実させてほしい、1点豪華に、○○だけは、やったよという夏休みに、という内容でした。校内水泳大会の表彰も行いました。




中条小学校のプールで練習

2019.07.24 


7月22日から3日間、中条小学校のプールをお借りして、親善水泳大会の練習を行っています。飛一小のプールは20Mなので、5Mの違いに慣れるための練習です。予想よりも深くて、飛び込みも安心してできます。




ジャガイモを収穫しました。

2019.07.24 


先日の枝豆に続いて、全校でジャガイモを収穫しました。今年は、昨年度を3圓眈絏鵑襭隠賢圓亮穫がありました。大小とりまぜてですが、大きめの芋もけっこうとれました。28日(日)の川遊びの豚汁に半分を使っていただき、残りは秋まで保存して、文化祭でいただきます。




喫煙防止教育を行いました。

2019.07.22 


7月22日(月)研修医として十日町に来ている寺田医師と健康づくり推進課のみなさまから、5,6年生が「喫煙防止教育」を受けました。喫煙が元になる疾病についての学習は、5,6年生の保健にも位置付けられています。授業では、健康への影響やニコチンの影響によって、なかなかやめられなくなる等について学ぶことができました。




校内水泳大会、給食試食会を行いました。

2019.07.19 


7月17日(水)梅雨の晴れ間、絶好の天候に恵まれて、校内水泳大会を行いました。1,2,4年生は、水泳学習の発表の場です。5,6年生は親善水泳大会に向けて練習の真っ最中ですので、中間発表会といったところです。保護者の皆様の応援のもと、力一杯泳ぎ切りました。自己ベストが出た子や大会に向けて課題の見つかった子などの、収穫の多い大会となりました。お昼には給食試食会を行い、丁度十日町メニューの献立で、楽しい給食となりました。




親善水泳大会壮行会

2019.07.19 


7月16日の朝、親善水泳大会に出場する5,6年生の壮行会を行いました。出場選手は、8名で送り出す1,2,4年生は5名でしたが、堂々とした態度とエールで立派に応援しました。きっと応援を力に換えて頑張ってくれることと思います。




今年の初収穫!枝豆をもぎました。

2019.07.19 


このところ気温も上がって野菜がぐんぐん育ってきています。5日(金)には、今年度初めて育てた枝豆を収穫しました。余り丈が大きくなりませんでしたが、豆がけっこう実り、全部で1圓箸譴泙靴拭さっそく家庭科室で茹でて、味見をしました。「甘い」「おいしい」もぎたて、ゆでたてのこともあって、みんなで美味しく味わいました。




夏休みの自由課題に向けて

2019.07.11 


7月11日十日町市理科センターの大熊先生から来ていただき、科学研究、標本、発明工夫、模型についてのお話をしていただきました。身近な生活や遊びの中に、科学研究のテーマはたくさんあること、研究を深めるためのポイントを教えていただきました。模型は、材料を何にするかや、作成のテーマを決めるとよい、とアドバイスをいただきました。夏休みに入る前に、計画の練り直しです。




七夕朝会 願い事は・・・・

2019.07.02 


7月2日全校で児童会の七夕朝会を行いました。七夕の歌を歌って、七夕バスケット(フルーツバスケット)そして、願い事を発表しました。「○○になりたい」と将来のことや「マラソン大会で1位になりたい」「学力を上げたい」と現実的な願いまで様々でした。今年も、後援会より立派な竹をいただき、飾り付けて短冊を下げました。




ホタル観察会を今年も開催しました。

2019.06.27 


6月25日、飛渡公民館主催のホタル観察会があり、多くの子どもたちと保護者、地域のみなさんから参加していただきました。当日は、少し気温が低いので、ホタルは少なめでしたが、一人何匹か採取して、最後には「ホタル花火」として飛渡川にもどしました。南雲先生から、今年もいろいろなことを教えていただき、楽しい観察会となりました。途中から満天の星空となり、ミニ星空観察会にもなりました。




ケビン先生最後の授業

2019.06.27 


ALTのケビン先生が、8月でアメリカに帰国されるということで、最後の授業でした。給食の時間に、みんなで書いたお礼のメッセージをお渡しして、感謝の気持ちを伝えました。




読み聞かせ・お勧めの本

2019.06.19 


毎月の1回の読み聞かせがありました。子どもたちも楽しみにしています。普段自分が読む本と違う本に出会うのも楽しみの一つです。また、今年度から、廊下に「お勧めの本」の紹介を設けました。子どもたちの読書活動が豊かになってほしいと期待しています。




運動会を実施しました。

2019.06.16 


6月16日(日)令和元年度の初の運動会を実施しました。あいにくの天候で、5年ぶりに屋内の実施となりました。幸いグラウンドがぎりぎり使える状況だったので、PTAのみなさんから作業していただき、徒競走とリレー競技はグラウンドで実施することができました。子どもたちは練習どおりとはいかなかったものの、力一杯、演技・競技・応援することができました。応援にかけつけてくださった、保護者、地域、来賓の皆様ありがとうございました。




運動会のプログラムについて

2019.06.16 


屋外でリレーと徒競走を実施しようと準備をしています。プログラム順とは変更になる場合(徒競走・リレーを先に行う)がありますので、お知らせします。




6月16日(日)大運動会の実施について

2019.06.16 


本日6月16日(日)の運動会は、地域種目は中止になりました。小学校の種目は、本校体育館にて、午前での実施をいたします。天候とグラウンドコンディションによっては、一部グラウンドでの実施ができれば行いたいと考えています。雨天用プログラムをご覧ください。




6月16日運動会雨天プログラム

運動会準備をしました。

2019.06.14 


運動会が前々日にせまり、全校児童と職員で準備をしました。日曜日の天気がやや雨の予報がでているので、雨(屋内実施)も想定して準備をしました。予報が日ごとに変わっているので、最後に良い方に変わって、屋外で実施できるといいなあと期待しています。




石投げおけさ講習会

2019.06.12 


6月12日は、運動会でおどる石投げおけさと十日町小唄を教えに、おけさ保存会の皆様が来校してくださいました。特に、初めておどる1年生を中心に教えていただきました。小一時間で、おおよそ踊れるようになりました。




運動会直前!応援朝会

2019.06.12 


6月11日の児童朝会は応援朝会でした。運動会を目前にして、互いにエールを送り合いました。応援のふり等はほぼ完成です。あとは、気持ちを高めて本番にのぞむだけです。




運動会予行演習を行いました。

2019.06.10 


6月10日、16日の運動会に向けて予行演習を行いました。昨年度よりも2週間ほど遅い実施なので、比較的準備にもゆとりがあります。今日の予行演習で、学校も運動会の雰囲気が盛り上がってきました。




後援会のみなさんから環境整備を行っていただきました。

2019.06.10 


6月9日(日)早朝から学校後援会の皆様から来校いただき、1週間後にせまった運動会に向けて、環境整備を行っていただきました。フィールドや校舎まわりの草を刈っていただき、大変きれいにしていただきました。




歯磨きチェック!磨けているかな。

2019.06.07 


虫歯予防デーにもちなんで、全校児童で歯磨きチェックをしました。きれいに歯磨きができているかカラーテスターで染め出しをしました。「去年よりよかった」という声が多かったものの、歯の裏側や歯の間の磨き残しが多いことにも気付くことができました。




プール清掃をしました!

2019.06.07 


6月6日(木)晴天の下で、プール清掃をしました。全校児童と職員で力を合わせて、プールとプールサイドを磨きました。EM菌を投入したことと、消防ホースをおかりできたことで、短時間でぴっかぴかになりました。




中条小のみなさんと体力テスト

2019.06.07 


6月5日(水)中条小学校のみなさんの体力テストに一緒に参加させていただきました。縦割り班の中に入り、一緒にテストを受けました。交流の輪も広がったようです。




全校朝会〜いじめ見逃しゼロ〜

2019.06.07 


6月はいじめ見逃しゼロ強調月間です。6月4日の全校朝会では、いじめを題材に校長が講話をしました。まず、ある学校の場面をもとに「理由があったらいじめをしてよいか」について子どもたちに考えてもらいました。そしして、どんな理由があってもいじめは絶対にしてはならないことを伝えました。そして「ひとりひとりのやさしさ」といういじめを題材にした絵本の読み聞かせをしました。




田村栄養教諭さんの給食指導

2019.05.29 / 高橋 重人


中央学校給食センターの田村栄養教諭さんが来校し、子どもたちに給食の配膳・高田付けの指導やお話をしていただきました。給食に関するお話の中では、食材や料理の名前が分かると、食も進むというお話をクイズを交えてしていただきました。
この日の献立はキーマカレーで、インドの言葉では「挽肉」を意味するそうです。




今年も三好園を訪問

2019.05.29 


5月29日(水)三好園を今年も訪問しました。歌や楽器を演奏したり、本を読んだりしてお年寄りのみなさんに喜んでいただこうと活動しました。肩もみタイムで交流を図るなども行ってきました。




たくさん収穫できますように願いをこめて植えました。

2019.05.22 


飛一小では、毎年様々な作物を全校で栽培しています。その中で、生命尊重の心や勤労奉仕の精神を育てたいと思っています。収穫の喜びや食べ物の大切さや美味しさも実感してほしい活動です。ジャガイモ、サツマイモ、枝豆、ポップコーンを植えました。1,2年生は加えて、生活科で野菜を育てます。水やりや観察など毎日のお世話が始まります。




今年も読み聞かせをしていただきました。

2019.05.22 


毎年ごらいこういただいている、読み聞かせボランティア「イマジン」のみなさんが、今年もご来校いただき本の読み聞かせをしていただきました。子どもたちが楽しみにしています。毎月1回、本に親しむことのができる大事な時間です。




避難訓練(不審者対応)

2019.05.22 


飛一小の第1回目の避難訓練は、「不審者対応訓練」です。中条駐在所長の駒形様からご来校いただき、訓練を行いました。前半は、校舎内に不審者が侵入した場合を想定して行いました。後半は、道路等で知らない人から声をかけられたり車に乗ろうと誘われたりした場合の対応について行いました。「い・か・の・お・す・し」の大切さを再確認することができました。




楽しかったブナ林体験!

2019.05.16 


5月16日(木)今年もブナ林体験を行いました。自然観察員の南雲先生を講師に、動植物のことを教えていただいたり、ブナ林を楽しむ活動を行いました。最後に、参加してくださった保護者の方に歌を披露しました。歌声に合わせて鳥たちのさえずりも大きくなったようでした。




春の飛渡小風景

2019.05.16 


春の飛渡小です。




4月の学習参観・整備作業

2019.05.16 


少し前になりますが、4月21日学習参観・PTA総会・春の整備作業がありました。学習参観では、4,5,6年生の授業と1,2年生の授業を見ていただきました。整備作業では、遊具・プールフェンスの設置と最後に鯉のぼりを掲げていただきました。




ヨモギ摘みをしました。

2019.05.13 


5月10日(金)魚之田川の大津様をお迎えして、ヨモギ摘みを全校でしました。
摘んだヨモギの餞別の仕方やゆで方を教えていただきました。ゆでたヨモギは冷凍して保存し、12月のあんぼづくり(伝統食)に使います。




自転車安全教室

2019.04.19 


4月16日(火)自転車安全教室を行いました。毎年、自転車を点検して、この教室で指導を受けてから自転車に乗ることになっています。今年も中条派出所長様、交通指導員の皆様から、安全な自転車の乗り方と安全確認の仕方を教わりました。今年も交通事故0の飛一小にしましょう。




青年会議所のみなさんから相撲の指導

2019.04.19 


4月10日十日町青年会議所のみなさんが来校し、相撲教室を開いてくださいました。仕切りや立ち会いの仕方を押していただき、練習試合も行いました。おそるおそるの取組もありましたが、楽しそうに取り組む子どもたちでした。




入学式を行いました。

2019.04.09 


4月9日(火)平成31年度入学式を行いました。平成最後の入学式です。今年の新入生は元気な男子2名。お客様と11名の2〜6年生の児童、職員で迎えました。担任の呼名に元気よく返事をするなど立派な態度でした。明日からの小学校生活が楽しみです。




2019年度の1学期がスタートしました!

2019.04.08 / 高橋 重人


4月8日(月)平成31年度、令和元年度となる2019年度の第1学期がスタートしました。初めに新任式を行いました。5人の教職員が転入しました。その後、第1学期の始業式。代表児童がめあてを発表し、校長が新しい元号にちなんで新学期に期待することについて話をしました。




新学期準備

2019.04.05 


4月5日(金)新学期準備で、2〜6年生が登校しました。校舎内を清掃して、入学式の準備をしました。久しぶりの登校とあって、子どもたちは張り切って作業に取り組んでいました。




終業式・離任式を行いました。

2019.03.28 


平成30年度第3学期の終業式と離任式がありました。終業式では、子どもたちが
頑張ったことを発表しました。離任式では、3人の先生方とお別れすることになりました。




学校運営協議会を開催しました。

2019.03.28 


今年度最後のコミュニティ・スクール、学校運営協議会を開催いたしました。平成30年の学校評価結果についてご意見をいただいたり、来年度からの学校支援の在り方について話し合いがもたれました。特に、登下校の見守りをどうするかについて、深く話し合いました。




エアコンの工事が始まりました。

2019.03.14 


2019年度から普通教室にエアコンが設置されます。それにむけての工事が3月から始まりました。4,5年生の教室から始まり、音楽室に一時的に引っ越しました。
子どもたちは「エアコンのためなら平気です」とうれしそうに学用品など荷物を運んでいました。




進級を祝う会・サケの旅立ちを祝う会

2019.03.09 


3月9日(土)学習参観日。今年度は、6年生の在籍がないため、進級を祝う会を開き、保護者のみなさまから見ていただきました。今年一年がんばったことを発表したり、クイズやゲームで交流したりしました。その後、地域の方、十日町漁協の方、保護者とサケの放流をしました。3か月間、卵から育てたサケ100匹と漁協様の3000匹を、参加者みんなで3,4年後に戻ってきてほしいと願い込めて飛渡川に放流しました。




サケが成長しました。放流まであと1週間

2019.03.01 


3月9日(土)11月末から飼育してきたサケを放流する「サケの旅立ちを祝う会」を行う予定です。育ててきたサケも少しずつ大きくなってきました。餌やりや水槽の掃除を毎日がんばっている子どもたちです。飛渡川に放流するのが楽しみです。




新入生がきてくれました。

2019.02.28 


2月22日(金)一日入学を行いました。今の1年生と交流したり、3年生以上の在校生との遊びでの交流を行いました。少しでも学校に親近感をもってくれて、4月に入学してきてくれたらと思います。




十日町情報館を見学しました

2019.02.20 


2月19日(火)全校児童で十日町情報館へ見学と団体貸し出しに行きました。まずは、上学年と下学年分かれて、情報館の方から読み聞かせをしていただきました。その後は、団体貸し出しをしてもらう本選びました。飛一小にも規模の割に本はたくさんありますが、情報館には魅力的な本がたくさんあって、子どもたちは次々と本袋に入れていきました。その後は、図書を閲覧させていただき、時間まで夢中になって読んでいました。情報館の訪問が、子どもたちの読書活動を更に活発にすることにつながりそうだなと感じました。




十日町雪祭り 雪の芸術作品が完成!

2019.02.14 


2月13日、14日の2日間をかけて、雪祭りの雪像が完成しました。今年のテーマは、「はい、いのししはん」(ひょっこりはんと干支をかけて)5年生がモデルを考えて、全校で力を合わせて作りあげました。土台は、後援会長さんから作っていただきました。イメージどおりの完成に、子どもたちは大満足でした。




みんな頑張った!校内スキー大会

2019.02.06 


 2月1日(金)飛一小の校内スキー大会を行いました。今年度は、少雪気味とあってコースが例年のようにできるか心配していましたが、1月末に降雪で起伏のあるコースを設定できました。コースは、1年生1200Mと3年生以上は2100M。子どもたちは、体育の時間や特設スキー練習の成果を発揮し、頑張って滑りきりました。固く締まる雪のため、下りでは転倒する場面もありましたが、どの子もすぐに起き上がり、最後まで走りきる姿には、たくましさと成長を感じることができました。保護者の皆様からも、平日にも関わらず大勢応援に駆け付けていただき、大声援と「滑るのがうまくなったね。」「(親善大会に出た)5年生はさすがの滑りだね。」と温かい声掛けをいただきました。




豆まき集会 鬼を追い出すぞ!

2019.02.06 


 1月29日、児童会で節分にちなんだ「豆まき集会」を行いました。一人一人自分が追い出したい鬼を発表し、鬼の絵を貼ったコーンを倒して鬼を追い出しました。おしゃべな鬼」いじわるな鬼」「勉強をなまける鬼」「寝坊する鬼」など、いろいろな鬼を追い出しました。子どもたちが、自分のことを見つめているなあと関心しました。3学期のうちに追い出して、成長してほしいと期待しています。




5年生が、がんばりました!小学校親善スキー大会

2019.01.30 


1月26日(土)5年生4人が親善スキー大会に参加しました。1月に入ってから本格的に雪上の練習を重ね、試走も繰り返し行ってきました。初出場とあって、やや緊張したことと、当日はあいにくの激しい雪というコンディションもあって力を発揮しくかったのですが、最後まで力一杯滑りきることができました。保護者のみなさまからもご協力いただき本当にありがとうございました。




さけの餌付けを開始しました。

2019.01.22 


 1月22日十日町漁協組合長さんからおいでいただき、サケの餌付けを教えていただきました。孵化してしてから、光を当てないようにして温度を計測してきましたが、積算で1000℃を超えていよいよ餌やりです。元気に泳いでいるサケたちを3月まで育てていきます。




わら細工体験・さいの神をしました。

2019.01.22 


1月15日(火)わら細工体験とさいの神の行事を行いました。わら細工は、地域の方を講師にお招きし、保護者のみなさんからもご参加いただいて、ぞうりやわらじ、縄ないに挑戦しました。5・4・3年生は慣れた手つきでどんどん作ることができました。縄ないだけの予定だった1年生もわらじづくりにまで挑戦することができました。
 午後のさいの神では、公民館、講演会、地域興し協力隊のみなさんからご協力をいただき、大きくできました。5年生が作ったオンビロが高くまっすぐ上がり、豊作を祈念しました。するめを焼き、ココアを飲み、ゲームも楽しみました。




親善スキー大会激励会

2019.01.22 


1月26日に行われる、親善スキー大会の激励会を行いました。出場する5年生が一人一人決意を発表しました。4年生がリーダーになって、がんばって!の気持ちを込めてエールを送りました。最高の滑りをしてほしいですね。




第2学期が終了しました。

2018.12.21 


79日間の2学期も今日で終了です。いろいろな行事や学習活動に11人で力を合わせて取り組んできました。終業式では、代表児童の2学期をふりかえっての発表をしました。その後、いろいろな場面での「がんばり」が一人一人の成長につながっていまる、という話を校長がしました。




収穫感謝の会を開きました。

2018.12.21 


 飛渡第一小学校では、毎年たくさんの米や野菜の栽培活動を行っています。
 今年一年で育てたのは、お米、さつまいも、ジャガイモ、トウモロコシ、ポップコーン、インゲン豆、キュウリ、ダイコンです。田んぼの先生大津さん、畑の先生佐藤さん、そして、大勢の田植えと稲刈りに参加してくださったボランティア、地域おこし協力隊、公民館の皆様の力をお借りして、美味しいお米や野菜を収穫することができました。
12月14日(金)お世話になった皆様をお招きして、「収穫感謝の会(昼食会)」を開きました。献立は、5年生の調理実習も兼ねて『おにぎりとみそ汁』。シンプルですが、おいしい飛渡米と採れたダイコンとジャガイモを入れたみそ汁を味わいました。
 子どもたちの歌とリコーダー演奏の出し物と感謝状をお渡しして感謝の気持ちを伝えました。一粒の種や種籾が、人が手をかけて世話をして食べ物になる、その過程をたくさん体験できると共に、農業に情熱をもって取り組まれている方から教えていただけることに幸せを感じる会となりました。 




読書指導

2018.12.12 


12月11日十日町市教育センターの盒兇靴音卆萓犬らご来校いただき読書指導をしていただきました。下学年と上学年に分けて、本を紹介していただいたり、お勧めの本を読んでいただいたりしました。読書は「言葉を知ることができる」「心が育つ」「頭がよくなる」「いろいろな世界を知ることができる」と読書の大切さをお話ししていただきました。また、十日町情報館にある本をたくさん紹介していただき、冬休みに向けて 子どもたちの読書への意欲が高まりました。




サツマイモ調理に挑戦。

2018.12.11 


12月10日、全校児童で学校の畑でとれた、サツマイモを使っての料理に挑戦しました。佐藤可奈子さんから植え方と収穫の仕方を教えていただいて育てた、「べにはるか」という品種です。今回は、ゆでいもとオーブンでの焼き芋、そして、スイートポテトを作りました。甘くてほくほくと、おいしくできました。




あんぼづくりに参加しました。

2018.12.11 


12月8日(土)飛渡公民館で、あんぼづくりがあり、飛一小の子どもたちが参加しました。春に子どもたちが校庭で摘んで冷凍したヨモギも使っていただきました。こねて、包んで、ゆでて。5年生は毎年参加しているので、慣れた手つきで上手に作っていました。




学習参観・懇談会(道徳科授業公開)

2018.12.11 


12月の学習参観は、全校で道徳科の授業を公開しました。今年度から、「特別の教科道徳」として、教科書の使用も始まりましたので、保護者の皆様から授業の様子を見ていただきました。




サケの飼育が始まりました

2018.12.11 


 11月27日(火)中魚沼漁協の長谷川組合長さんが、サケの卵を持ってきてくださり、全校で「サケの卵を迎える会」を行いました。庭野後援会長さんも駆け付けていただきました。
 今年は全部で200個の卵をいただきました。代表の子どもが「できるだけ大きく育てて放流できるようにしたいです。」と決意を発表して、全員が少しずつ用意していた水槽に入れました。これから3月まで、水温の記録、エサやり、水替えなどのお世話が始まります。みんなで力を合わせて、少しでも大きくしてたくさん放流できるように願っています。




いじめ見逃し0朝会

2018.12.11 


11月の児童朝会で、いじめ防止朝会を5年生が中心になって行いました。
 初めに、5年生が、「これはいじめにつながるかもしれないぞ」という場面を想定した寸劇を発表しました。遊びや清掃など、日ごろのちょっとした場面でも、言い方一つ、友達への接し方一つで、いじめにつながることに気付いてほしいという考え方からでした。
 その後、全員で「どこがおかしいか」「気を付けること」について話し合いました。人数の少ない、毎日同じメンバーと顔をあわせて生活する飛一小の子どもたちです。気心が知れている分、配慮や相手への気遣いを忘れてしまいがちな面もあります。児童朝会をきっかけに「親しき仲にも礼儀あり」「近しい相手にもちょっとした心遣い」の心が育ってほしいと思います。




全校遠足 上越水族博物館へ行きました。

2018.12.11 


11月21日(水)全校児童と職員、希望参加の保護者のみなさまと、上越市立水族博物館「うみがたり」へ行ってきました。 「うみがたり」は、今年6月にリニューアルオープン。当日は好天、ぽかぽか陽気に恵まれました。
 今回は、ほくほく線を利用しての電車の旅としました。一人一人お金を出して券売機で切符を買って改札を通りました。初めて切符を買った子もいて、一つ一つが体験でした。
「うみがたり」は、リニューアルにふさわしく、美しい展示、楽しい展示がたくさんでした。迫力の大水槽、水中チューブ、水中イルカショーも観覧。日本一の飼育数のマゼランペンギンなど、水族館を大いに満喫することができました。




読書旬間が始まりました。

2018.11.13 


読書の秋。飛渡第一小学校でも「読書旬間」が始まりました。11月13日は図書朝会。5年生がお勧めの本を紹介したり、読書ビンゴを計画してくれたりしました。
給食時に、先生方のお勧めの本の紹介も始まりました。秋の夜長、たくさん本を読んでほしいですね。




飛渡米を販売しました。

2018.11.13 


11月10日(土)、3,4,5年生は総合学習で米づくりを中心に学習し、全校で田植えや稲刈りを行うなど、米づくりについて学んできました。収穫した飛渡米のおいしさを十日町の人たちに味わってもらうと、今年は「とおか市」で販売しました。
当日は、田植え・稲刈りに参加してくださったボランティアのみなさんも買いにきてくださいました。土曜日ということもあって、とおか市は人でも多く、初めは小さかった子どもたちも頑張って「お米いかがですかあ!」と元気よく売りました。
跳ぶように売れて、予定時間よりも早く完売。貴重な体験をすることができました。




楽しいねハロウィン朝会

2018.11.13 


10月31日はハロウィン。1日前の30日の児童朝会は、ハロウィン朝会でした。子どもたちは簡単な仮装をして、ハロウィンバスケット(フルーツバスケット)を楽しみました。




郡市音楽交歓会

2018.11.13 


10月24日(水)妻有音楽文化ホール(段十ろう)で、郡市音楽交歓会があり、全校児童で参加しました。夏休み前から練習してきた、合唱曲2曲を演奏しました。新しく大きなホールで、たくさんの人の前での発表でしたが、11人で心と声を合わせて歌い上げることができました。




いきいき飛渡フェスティバル・文化祭

2018.11.13 


10月21日(日)飛渡第一小学校と飛渡公民館共催による、いきいき飛渡フェスティバル文化祭を開催しました。子どもたちは、生活科、総合学習で学んだことを劇やクイズにして発表しました。また、合唱や合奏も披露。地域のみなさんの発表もたくさん披露され、子どもたちも健康体操に参加しました。お昼には保護者のみなさまのけんちん汁やご飯の振る舞い、飲み物などの販売、三ヶ村のみなさんの漬け物などの販売など、おいしい秋を、地域のみなさんと楽しむことができました。




中条小・飛渡第一小合同マラソン大会

2018.10.23 


10月10日(水)中条小学校・飛渡第一小学校との合同マラソン大会を開催しました。絶好の天気にも恵まれ、十日町市陸上競技場で中条小学校の友達と力一杯走り、交流を深めることができました。




音楽指導2回目を受けました。

2018.10.12 


湯沢小学校の駒形校長先生から、2回目の合唱指導を受けました。歌のテンポや表現の仕方など細かい歌い方を教えていただくことができました。教えていただいたことを生かして本番で頑張ります。




中条小学校のマラソン大会参加に向けた試走

2018.10.02 


10月10日に行われる、中条小学校のマラソン大会に参加させていただきます。1日(月)に試走に行ってきました。中条小は、陸上競技場でのマラソンということで、子どもたちは400Mトラックを走るのが初めてでした。本番前によい練習になりました。




稲刈りをしました。

2018.10.02 


9月28日(金)秋の長雨の晴れ間、秋晴れの下、全校で稲刈りを行いました。稲を管理していただいている大津様の指導を受け、大勢のボランティアの皆様からもご参加いただきました。春に田植えした稲をどんどん刈って束ねていきました。美味しいお米になっていることでしょう。




親善陸上大会に参加しました

2018.10.02 


9月27日(木)5年生が郡市親善陸上大会に参加しました。100M走の他に、走り幅跳び、走り高跳び、80Mハードル走に出場しました。9月は雨が多く練習が十分できない面もありましたが、精一杯競技しました。リレーでは、混成の部に出場し、2位に入賞しました。




いよいよ陸上大会〜激励会〜

2018.09.25 


9月27日(木)の5年生が参加する親善陸上大会が近づいてきました。25日の全校朝会は、1〜4年生が、5年生を激励しました。5年生からは「自己ベストをだしたいです」「○Mは跳びたいです」と力強い決意表明がありました。




火災想定の避難訓練を行いました。

2018.09.25 


9月20日(木)今年度2回目の避難訓練を行いました。今回は、火災を想定した訓練でした。訓練が始まると、どの子も身をかがめてハンカチを口にあててながら姿勢を低くして、素早く屋外に避難することができました。消防署の方からは、煙を絶対にすわないようにすること、吸うと数秒で動けなくなってしまうと教えていただきました。


消化器訓練では、全員でピンを抜いて消火の練習をしました。



合唱指導を受けました。

2018.09.13 


今年の親善音楽会には、飛渡第一小学校は、2曲歌を歌います。音楽の時間に加えて、朝も練習を始めました。12日。湯沢小学校の駒形校長先生からおいでいただき、合唱の指導をしていただきました。昨年に引き続きということで、子どもたちも意欲的に参加しました。1時間の練習でしたが、みるみる歌声が上達していきました。来月も、もう一回来てくださるので、それまでに練習を頑張ります。




大地の芸術祭を見学しました。

2018.09.13 


9月10日全校で大地の芸術祭の見学をしました。夏季休業中日見て回った子も多いのですが、改めて、今回の目玉の一つキナーレとナカゴグリーンパークへ出かけました。平日であってもたくさんの観光客のみなさんが来場されていて活況でした。子どもたちは、作品を一つ一つ、興味深そうに見ていました。




9月6日の星空観察会について

2018.09.06 


本日予定されていた星空観察会は、雲が厚い状況のため残念ながら中止とします。
明日も雨予報のため行いません。後日、講師の南雲先生の都合と天気予報をみて、
改めて日を設定することを考えています。




夏休み自由研究発表会

2018.09.05 


9月3日(月)午前のフリー学習参観にあわせて、夏休み自由研究発表会を行いました。科学研究、工作、理科観察、手芸など、いろいろな取組がありました。今年らしい、大地の芸術祭を回った記録などもありました。




中学校区あいさつ運動

2018.08.30 


8月30日中条中学校区のあいさつ運動が始まりました。1学期同様に卒業生の中学生と飛渡地区の青少年競技会の皆様からご参加いただきました。今学期もさわやかなあいさつを響かせていきましょう。




第2学期が始まりました。

2018.08.30 


8月29日(水)2学期が始まりました。夏休みにあった水泳大会の表彰や2学期のがんばりたいことを発表しました。マラソン大会、陸上大会、文化祭など、自分の目標に向かってがんばってほしいですね。




夏休みの思い出〜宿泊体験〜

2018.08.30 


 8月20・21日に学校での宿泊体験活動と新潟大学児童文化研究部のみなさんとの交流を行いました。
 1日目の午後は、カレー作り。飯ごうを使って、ご飯を炊きました。杉の枯れ葉と小枝を焚き付けにして、火をおこしました。初めての体験の子も多かったのですが無事にご飯が炊けました。また、大学生とカレーを作りました。夜は、大学生による人形劇を鑑賞したり、風車作りの工作を一緒にしたりして過ごしました。
 18人もの大学生と一緒の活動はよい思い出と体験になったことでしょう。




川遊びの会が楽しく行うことができました。

2018.08.01 


7月29日。飛渡地区の濃実会のみなさんから「川遊びの会」を開いていただき、子どもたちが参加しました。魚のつかみどり、川の生物観察、魚を焼いていただいての昼食。そして、川のプールでの遊びと1日川を満喫しました。




5年生が大活躍 十日町市親善水泳大会

2018.08.01 


7月26日西小学校のプールで十日町市(十日町地区)親善水泳大会に5年生4人が参加しました。一人2種目ずつエントリーして自己ベストや入賞を目指して泳ぎました。リレーでは、混成のため男子に混じっての参加となりましたが、精一杯泳ぎ切りました。入賞もあり、水泳練習の成果を大いに発揮した大会となりました。




1学期 終業式 みんな大きく成長しました。

2018.08.01 


74日間(1年生は73日)の1学期が終了しました。4月に新学期がスタートして4か月、子どもたち一人一人が、確かに成長したことを感じます。勉強もしっかり行い、いろいろな行事でがんばった子どもたちです。終業式では、校内水泳大会の表彰も行いました。




ジャガイモの収穫 たくさんとれました。

2018.08.01 


1学期の最終日。全校でジャガイモを収穫しました。みんなで植えてから、みずやりなどを頑張ってお世話をしてきました。大きな芋もちいさな芋もありましたが、全部で23キログラムとれました。10キログラムは、さっそく川遊びの会でお汁していただきました。




頑張った 校内水泳大会!

2018.08.01 


7月18日(水)学習参観をかねて校内水泳大会を行いました。全員が出場する「けのび」の他、1〜2種目にエントリーして出場しました。20m(飛一小は20mプール)を泳ぐのがやっとだった子も40mを繰り返し泳げるようになりました。大会当日は、上達した泳ぎを披露して大きな拍手をもらいました。




七夕朝会を行いました。

2018.07.03 


7月3日(火)少し早いですが、七夕朝会を全校で行いました。七夕の歌を歌って、願い事の発表を行いました。パティシエになりたい。友達をたくさんつくりたい、など、自分の願い事を発表しました。書いた短冊は、後援会長さんがもってきてくださった立派な竹に飾りました。




ホタル観察会を行いました。

2018.07.03 


6月26日(火)飛渡公民館との共済事業の「ホタル観察会」を行いました。講師に、5月のブナ林体験に続いて、南雲先生をお招きしました。7時30分から開始でしたが、8時を過ぎて真っ暗になると、ホタルもたくさん飛び始めました。


子どもたちは、どんどんホタルをつかまえてペットボトルに入れていきました。この日は、蔵品教育長さんや偶然通りかかって参加した新潟市の方など、子どもたちと保護者のほかにも参加者がいました。最後に、ホタルを一斉に逃がすと、とっても美しい光景となりました。



プール開き 水泳授業が始まります。

2018.07.03 


6月25日(月)プール開きを行いました。いよいよ水泳授業が始まります。プール開きでは、めあてを発表して、みんなで水慣れ(遊び)をしました。安全で楽しく、泳力を高めていけるといいですね。




みよし園を訪問しました!

2018.07.03 / 高橋 重人


6月20日(水)全校児童11名で、下条の「みよし園」を訪問しました。運動会が終わってから、訪問のための準備をしてきました。子どもたちは、初めに3曲を歌いました。そして、本を読んだり、折り紙をいっしょに折ったりしてふれあいました。


次に、全員で、おじいさんおばあさんの肩もみをさせていただきました。「上手だね」とほめていただいて、どんどん肩もみをしていました。


最後に、「ふるさと」をみなさんと一緒に歌いました。時間がたつにつれて交流が深まり、子どもたちも満足そうに、「みよし園」を後にしました。来年の訪問が楽しみです。


拡大中学校区研修会を開催しました。

2018.07.03 


6月19日(火)拡大中学校区(中条中学校、十日町中学校、中条小学校、東小学校、飛渡第一小学校)の先生方からおいでいただき、研修会を開催しました。4年生の算数の授業を公開しました。十日町市教育委員会から指導者の先生方もおいでいただき、26名の先生方が参観しました。


4年先生の子どもたちは「全校のみんなより人が多い」といいながら、わり算の学習をがんばりました。


授業後は、先生方で研修を行いました。その中で、子どもたちの説明の仕方がじょうでした、とたくさんよい点をお話ししていただくことができました。


さつまいもの苗を植えました。

2018.06.12 


6月12日(火)佐藤様からおいでいただき、全校でさつまいもの苗を植えました。大きい芋ができやすい植え方、小さくてもたくさんいもができる植え方があることを教えていただき、どちらも挑戦してみました。秋の収穫が楽しみです。




ブックトーク(十日町情報館)

2018.06.12 


十日町情報館の方からおいでいただき、ブックトーク(本の紹介など)をしていただきました。下学年には、どろぼう学校のお話を、上学年には、ゆうれいのお話をと子どもたちの興味ある本を紹介していただきました。子どもたちの本への興味が更に高まったようです。




きずな集会を行いました。

2018.06.12 


6月12日の児童長会は、「きずな集会」でした。いじめ見逃し0強調月間に合わせ、みんなの心の絆を深めていこうという集会です。5年生が中心になって、思いやりについて考える劇や全校が仲良くなるゲームを企画してくれました。全校11人の絆がふかってほしいですね。




プール清掃を行いました。

2018.06.12 


6月6日全校でプール清掃を行いました。EM菌を投入していたせいか、汚れは、比較的よく落ちました。それでも、11人での作業は大変でした。久保田さんからお手伝いをいただいたおかげで、予定していた時間には終えることができました。6月25日のプール開きがたのしみです。




熱く燃えました!地域のみなさんとふれあいました!ふれあい大運動会

2018.06.12 


6月3日(日)雲一つない晴天の下、ふれあい大運動会が行われました。子どもたちは、応援に競技に、そして、地域の種目にも参加しました。今年度は、6年生がいないために、5年生がリーダーとなって、赤組白組をリードしてくれました。
組体操は、少し形をやさしくしながらも、伝統を引き継ぎました。競技優勝は赤、応援優勝は白と、勝敗を分け合い今年度の運動家をしめくくることができました。地域・保護者のみなさま、ありがとうございました。




後援会のみなさんから草刈り作業をしていただきました。

2018.05.31 


5月27日早朝に、後援会の皆様から、校地と学校周辺道路の草刈りをしていただきました。雪どけ後に伸びてきた草を刈っていただき、さっぱりとしました。6月3日の運動会に向けて環境を整えていただきありがとうございました。




全校で田植えを行いました。

2018.05.31 / 高橋 重人


5月25日(金)五月晴れの下、全校で田植えを行いました。稲作体験を指導いただいている大津様から、植え方を教えていただき、ボランティアのみなさんといっしょに植えました。子どもたちは、昔ながらの「わく転がし」にも挑戦して、付けた跡に、がんばって植えることができました。




避難訓練(不審者対応)を実施しました。

2018.05.21 


5月18日(金)不審者対応の避難訓練を実施しました。まず、不審者が学校内に入ったという想定で、職員は対応と避難誘導、子どもたちは、職員室への通報と避難する訓練を行いました。その後、駒形中条駐在所長様から、講話と不審な人に路上で声をかけられた時の対応の指導をしていただきました。実際に声をかけられた時にどうしたらいいか、子どもたちの数人が体験することで、いざという時に備えることができる訓練となりました。




ブナ林体験をしました。

2018.05.21 


5月16日(水)素晴らしい好天に恵まれ、全校でのブナ林体験を行いました。自然観察員の南雲先生からおいでいただき、自然観察を行い、様々な植物や生き物のことを教えていただきました。地域おこし協力隊のみなさんや都合のついた保護者の方からもご参加いただきました。ブナ林では、落ち葉滑りをしたり、基地つくりをしたり、参加者全員で歌を歌ったりして楽しいひとときを過ごすことができました。




廃品回収ありがとうございました。

2018.05.14 


5月13日(日)廃品回収と後援会の皆様で鯉のぼりの格納作業をしていただきました。小雨でしたが、子どもたちも一緒に、作業をしました。地域の皆様のご協力で、たくさん集めることができました。ありがとうございました。




中学校区あいさつ運動

2018.05.14 


5月8日と10日に中学校区のあいさつ運動がありました。飛渡第一小学校の卒業生の中学生が朝、小学校に来てくれました。登校した小学生たちも、校門で友達を出迎えて、一緒にあいさつを交わしました。久しぶりに会った中学生たちと元気よく交流することができました。




教育長さん給食訪問

2018.05.07 


5月1日(火)蔵品教育長さんが、学校に給食訪問においでくださいました。求職前に授業を見ていただき、給食前には、食事の大事さについてご自身の体験を元にお話しいただきました。数年ぶりに来校したとのこと。子どもたちと楽しく給食を食べていただきました。




自転車安全教室・通学路安全リーダー委嘱

2018.04.27 / 高橋 重人


4月27日(金)交通安全リーダーの委嘱と自転車安全教室を行いました。十日町警察署の方から、5年生が交通安全リーダーの委嘱状を一人一人もらいました。手をしっかり挙げて横断してください、とお話をいただきました。その後、中条駐在所長さんと交通安全指導員の方から、自転車の安全な乗り方を指導していただきました。左右と後ろの安全確認とブレーキのかけ方が大事ですと教えていただきました。何回かの練習で、子どもたちはすっかり上達して、安全の意識も高まりました。




学習参加・PTA総会・整備作業を行いました。

2018.04.22 


4月22日(日)学習参観とPTA総会、午後に、後援会の皆様からもご参加いただき、整備作業を行っていただきました。
遊具が設置され、プールフェンスやグランド回りのネットも張っていただきました。最後に、鯉のぼりが設置され、春の青空の中を雄大に泳ぐ様子が見られました。




水稲播種(すじまき)を見学しました。

2018.04.22 / 高橋 重人


総合学習で、米作りの学習をしています。水稲播種(すじまき)を見学させていただき、自動で種籾がまかれて、土をかぶせられる様子を見ることができました。




一年生を迎える会を行いました。

2018.04.18 


4月17日(火)朝会時から1限に一年生を迎える会を行いました。まずは、2〜5年生の自己紹介。そして、1年生からの自己紹介。その後、鬼ごっごやボールゲームを楽しみました。5年生が、上手に司会や説明などを務めて、リーダーぶりを発揮していました。




すもう教室がありました。

2018.04.16 


青年会議所のみなさんが来校して、子どもたちに相撲を教ええてくださいました。
体育館に土俵をつくっていただき、実際の取り組みの仕方をならいました。


本気で!とはいきませんでしたが、楽しく所作などを覚えることができました。



一年生の学校生活がスタートしています。

2018.04.16 


学習が始まりました。ひらがなをどんどん書いています。


給食もみんなといっしょに食べています。上級生のみんなと一緒に食べ終われるようにがんばって食べています。



平成30年度入学式

2018.04.16 


4月9日(月)平成30年度の入学式を行いました。ぴっかぴかの1年生2名が入学しました。担任の先生の呼名に、元気よく返事をして、「お願いします。」のあいさつも立派にできました。上級生、先生方、保護者、地域の皆様や来賓のお客様とみんなで迎えました。




新学期がスタートしました!!

2018.04.16 


4月6日(金)1学期の始業式を行いました。入学式する1年生以外の3、4,5年生9人が顔をそろえました。
 元気よく、校歌を歌いました。


担任の先生の紹介の後、校長先生から、1学期がんばってほしいことなどの話を聞きました。話の中で、思いやりの心を育てる「あったか言葉」を大事にしようということで、みんなであったか言葉を考えました。


教室ではさっそく活動が始まり、1年生を迎える準備や先生に自己紹介をしていました。


みんなで始業式の準備をしました

2018.04.16 


4月5日(木)3年生から5年生が登校して、新学期の準備を行いました。教室や体育館をきれいに清掃して、入学式の準備をしました。4年生は、教室を引っ越しました。2時間あまりの活動でしたが、一生懸命に働きました。




さいの神

2018.01.17 / 本田 正俊


 さいの神の準備は、15日(月)のわら細工作りと同時並行で行いました。今年は晴天に恵まれ、公民館長の橋本靖さん、馬場修一さん、地域おこし協力隊の安藤さん・佐藤さん、そして、教育助手の目黒嘉一先生にも手伝ってもらい、気持ちよくさいの神を作ることができました。また、今年は地域の方から藁をたくさんご提供いただき、しっかりとした形に仕上げることができました。藁をご提供くださった皆様、誠にありがとうございました。
 さいの神に点火すると、見事に燃え上がり、昨年末に6年生が久保田秀一さんに指導してもらいながら作った「オンビロ」も空高く舞い上がりました。きっと子どもたちが書いた願いも叶うのではないでしょうか。
 その後は、するめを焼いて食べたり、ココアや差入れの甘酒を飲んだり、子どもたちが考えた雪上でのゲームをしたりと大いに楽しみました。そして、「すみ塗り」では、大熊先生の顔を真っ黒になってしまい、子どもたちは喜んでいました。
 こうやって地域の方々の協力により地域に伝わる行事を体験できる子どもたちは幸せです。これからも「わら細工」のような「技」や「さいの神」のような伝統行事を受け継いでいき、ますますふるさとを愛する子どもたちに成長してくれるものと期待しています。




わら細工作り

2018.01.17 / 本田 正俊


 1月15日(月)の午前中に「わら細工作り」をしました。講師に大津今朝吉さんをはじめ、大津三作さん、多田朋孔さん、公民館の山田さん、地域おこし協力隊の藤本さん、そして、子どもたちのおばあさん・・・大勢の方がお出でになり、教えたり、一緒に作ったりしてくださいました。基本の「縄をなう」がなかなか難しいのですが、何とか縄をない、わらを挟んで…、時間内に片足が完成した子、両足ができた子、昨年と合わせて一足になった子、講師のみなさんに全面的に手伝ってもらった子…様々でしたが、できた「ぞうり」や「わらじ」を見て達成感を感じていました。




秋のPTA奉仕作業

2017.11.14 / 本田 正俊


 11月12日(日)に秋のPTA奉仕作業が行われました。前日は雨・風がひどく、天候が心配でしたが、曇天の中、作業を行いました。後援会の方からもお出でいただき、ブランコの撤去、グラウンドやプールのフェンス撤去、グラウンドの枯れ葉の掃除、そして、グラウンド周りの雑木の伐採等を行いました。また、後援会の方から、国旗掲揚塔の方に伸びたイチョウの木の枝を切っていただきました。これで、国旗が枝に絡むことがなくなります。順調に作業が進み、予定していた作業を1時間ほどで終えることができました。
 PTAの皆様、後援会の皆様、本当にありがとうございました。




飛渡米 販売

2017.11.14 / 本田 正俊


5日(日)に飛渡公民館にて、今年は、やまんなかマルシェに参加させてもらい、「もちっ!うまっ!飛渡米!」を販売いたしました。全校での田植えや稲刈りを行ったお米です。また、この日のために2,3,4年生は、お米の値札や看板、のぼり旗を準備しました。子どもたちみんなが、「絶対完売させるぞ!」と、とても意気込んでいました。宣伝担当の子ども達は、看板とのぼり旗を持って全力で宣伝をします。車が公民館に入ると「やったぁぁー!!」と歓声が上がります。子どもたちの運動会さながらの熱気を間近で感じることが出来ました。そして、宣伝担当の子どもたちが呼び込んだお客さんを、販売担当の子ども達が真心を持って接客します。子ども達の頑張りもあり、すぐにお米は完売となりました。




修学旅行

2017.11.14 / 本田 正俊


11月1日、2日の二日間、6年生は東京へ修学旅行に行ってきました。6年生になった4月から、修学旅行を心待ちにしていた子どもたち。充実した時間を過ごしてくることができました。
新幹線で東京駅に到着し、在来線に乗り換える際、満員電車を初めて目の当たりにし、子どもたちはだいぶ驚いているようでした。電車は座って乗るものだと思っていた子どもたちは、吊り革などに掴まって立って乗ることが新鮮だったようです。
インドネシア学校ではインドネシア語や英語を交えて自己紹介をしたり、自分たちの住む十日町市や飛渡の紹介をしたりしたので、インドネシアの子どもたちや先生方に喜んでもらうことができました。また、お土産に持参した飛一小自慢のお米をたいへん喜んでくださいました。その後、フロアボールの試合を一緒に行ったり、インドネシアの伝統武道「シラット」を教えてもらったり、、自然と両校の子どもたちの距離が近づいているのが印象的でした。お別れの時には、玄関でみんなで日本語も交えた歌を私たちが見えなくなるまで歌い、送り出していただきました。
その後のスカイツリーは、その大きさに驚くばかりではなく、高さ450mからの景色を楽しんできました。360°の大パノラマで遠くまで見渡すことができました。
 日本の首都東京の様子について今まで知らなかったことを見聞し、多くのことを学ぶ旅行となりました。今後またどこかへ旅行したり、上京したりする時に今回の経験は必ず生きてくると思います。




いきいき飛渡フェスティバル

2017.11.13 / 本田 正俊


10月22日に行われた「いきいき飛渡フェスティバル」では、絵画、工作の作品を展示し、総合的な学習や生活科で学んだことを表現するステージ発表を行いました。どれも時間がかかり、当日までに間に合うかとても心配しましたが、さすが飛一小の子どもたちです。当日までには、しっかり間に合わせてきました。しかも、絵画・工作ともに丁寧に仕上げていました。また、ステージ発表も学習したことを十分に取り入れ、台詞をしっかり覚え、堂々と演じ発表することができました。2年生のあやなさんの「かわいいルナのワクワク観察日記」は、一人での発表ということで練習の時は心細かったようですが、本番では正にニュースキャスターのような発表ぶりでした。3・4年生の「マルコメ区のポップコーン伝説」では、ポップコーンを植えた経験をともにストーリーを考えました。そして、それぞれの役柄が表れるように、言葉や動作を工夫して演じていました。6年生の「ばく笑!!4人のインドネシア旅行 〜まさか!今流行りのあの人が?!〜」では、修学旅行で実際にインドネシア共和国学校と交流するために、インドネシア語での挨拶やインドネシアの文化や習慣など調べたことを取り入れ、インドネシアへの家族旅行という楽しい劇にしました。旅と新たな出会いへの期待を膨らませた発表でした。
 どの学年の発表も、演じる側の楽しさや真剣さが伝わってくる発表でした。




音楽交歓会

2017.11.13 / 本田 正俊


10月18日(水)は音楽交歓会でした。当日までに子どもたちは授業や朝活動の時間を使って合唱や合奏の練習を一生懸命続けてきました。合唱曲は「プレゼント」、合奏曲は「オクラホマミキサー」です。
合唱は、二つのパートに分かれて歌います。低音と高音の音を合わせるのが難しい曲でしたが、練習を積み重ね、きれいな合唱に仕上がりました。高学年がきれいな声を響かせていたので、下学年も安心して歌うことができていたように感じます。
合奏は練習を始めた頃はそれぞれの楽器のリズムが合わず苦労していましたが、本番では次第にそれぞれの楽器の音が重なり合い、リズムよくメロディーを奏でていました。他校の先生方からも、「13人でのあの声量には、毎年驚かされる」「中心楽器を演奏している6年生たちが全体をリードしていますね」と誉めていただきました。




中条小・飛一小合同マラソン大会

2017.10.17 / 本田 正俊


 10月11日(水)に中条小学校との合同マラソン大会を行いました。会場は、十日町市陸上競技場です。当校の13人の子どもたちは、それぞれが中条小の各学年の子どもたちと一緒になって走りました。2年生は800m、3年生は1200m、4年生は1400m6年女子は1800m、6年男子は2000mです。
 子どもたちは、緊張しながらも大勢の競争相手がいることで意欲を高め、練習してきた力を精一杯発揮してきました。その結果、3人が1位になり他にも大勢の子が6位入賞することができました。
 3年生の部   1位   3年 大津 稀龍さん
 4年生女子の部 1位 4年 常角 理菜さん
6年生男子の部 1位   6年 池田 蛍太さん
 




稲刈り

2017.10.11 / 本田 正俊


 10月6日(金)に7人のボランティアの皆さんにおいでいただき、全校で稲刈りを行いました。
 稲は、指導者の大津貴夫さんのおかげで、黄金色の穂を重たそうに垂れていました。さっそく大津さんから稲刈り鎌の使い方と注意事項を指導していただき、3つの班に分かれて稲刈りを開始しました。
 田んぼは、雨が続いていたために、ぬかるんでいる場所もあり、足が土に沈み込み思うように動けませんでした。中には、長靴を脱いで靴下だけになって取り組む子もいました。子どもたちは、足を土に取られながらも手慣れたもので次々と稲を刈っていきました。「田植えより泥だらけになった。」という感想も・・・。ボランティアさんのご協力もあって、稲刈りは、思っていたより早く終了することができました。
 しかし、刈った稲を「まるける」作業になると、子どもたちは四苦八苦していました。見よう見まねで稲の束をワラで押さえてくるりと回すのですが、稲がバラバラになって飛んでいってしまっていました。そこで、ボランティアの方から丁寧に教えてもらい、何度も挑戦することで稲の束をしっかりまるけることができるようになりました。
 今年の飛渡米を味わえる文化祭がとても楽しみです。




校内マラソン大会

2017.10.11 / 本田 正俊


10月5日(木)に校内マラソン大会を行いました。コースは、グラウンドと学校周辺の道路を回る一周700mのコースを使います。学校周辺の道路は、平坦の場所がほとんど無く、登り・下りが中心のなかなか厳しいコースです。2年生は、グラウンドとこのコースを1周する1km、3〜6年生は、グラウンドとこのコース4周の3Kmです。練習を重ねるたびに、どの子も走ることに意欲的になり、自分のライバルとする人に勝ちたい、少しでもタイムを縮めたいという気持ちが伝わってくる素晴らしい走りになってきました。
 大会では、ほとんどの子が、自己ベストを出しました。練習を始めた頃より1分から2分もタイムを縮めた子が大勢いました。子どもたちの走っているときの表情から、きっと「自分はもっと速く走れるんだ。」という自信をもつことができたのではないかと感じました。実りの大きい校内マラソン大会となりました。
 応援にお出でいただいた皆様、子どもたちに大きな声援と頑張る力を届けていただき、誠にありがとうございました。




演劇鑑賞(後山小学校にて)

2017.10.11 / 本田 正俊


10月2日(月)に、後山小学校で行われた「劇団ひまわり」による演劇を鑑賞に行ってきました。
 今回の演劇は「ホントの気持ち」と「木馬がのった白い船」の2部構成でした。
 「ホントの気持ち」は、ハンバーガーショップや電車内で思っていることを相手になかなか言えない場面を劇にしたものでした。自分の思っていることをしっかり相手に伝えることの大切さを感じることができました。
 「木馬がのった白い船」は、立原えりかさんの童話を劇にしたものです。公園でぼろぼろになった木馬が、昔出会った絵描きさんと一緒に遊んだ子どもたちからきれいにしてもらい、お別れをするお話です。童話の世界にどっぷり浸ることができました。
 子どもたちは、役者さんのユーモラスな身振りや互いの絶妙なタイミングの掛け合いに大きな声で笑ったり、役になりきった動きに感心したりしていました。実際に、今回の演劇で使った道具は、白い四角い箱7つだけでした。後は全てパントマイムで何をしているかを表現していました。
 終了後、子どもたちに感想を聞くと、「面白かった。」「時間があっという間に過ぎた。」「演劇をやってみたい。」などの感想を聞くことができました。




駒形校長先生による合唱指導

2017.09.14 / 本田 正俊


 子どもたちは、親善音楽交換会に向けて練習に取り組んでいます。今年の発表曲は、合唱が「プレゼント」、合奏が「オクラホマミキサー〜みんながみんな英雄〜」です。合唱曲の「プレゼント」は、なかなか難しい曲ですが、子どもたちはやる気満々です。また、合奏はリズムに乗って楽しそうに演奏をしています。
 今年度も14日(木)に駒形校長先生(大巻中学校)にお出でいただき、一回目の合唱指導をしていただきました。地声で歌っていた声が優しく響く声に変わり、低音と高音がきれいに響き合うようになってきました。二回目の駒形校長先生の指導までに練習を重ねて、さらに美しいハーモニーになるようにしていきたいと思います。




ダイコンの種まき

2017.09.14 / 本田 正俊


 ジャガイモを収穫した後の畑に、ダイコンの種をまきました。指導者に佐藤可奈子さんからお出でいただきました。今年は、30儡岾屬妊撻奪肇椒肇襪猟譴之蠅魍け、種を5粒ずつ植えました。互いに生長を競争させ、大きくなったものだけを残していくように間引いていくことや、水は土が黒っぽくなっている程度で、やり過ぎると種が流れてしまうことなどを教えてもらいました。去年は、発芽後、害虫に食べられてしまい、まるで収穫することができませんでした。今年は、大きなダイコンが収穫できることを願っています。




夏休み自由研究の発表会

2017.09.14 / 本田 正俊


 夏休み中に一人一人が取り組んできた自由研究の発表会を、9月5日のフリー学習参観で行いました。模型・工作、発明工夫、植物標本、そして、観察記録とさまざまな作品がそろいました。失敗をしながらより良い物にしていったり、時間をかけて調べたり作ったりしていて、どれも個性豊かで、「なるほど。」と感心させられました。発表の仕方もすばらしく、自分が頑張ったり工夫したりしたことをみんなの前で堂々と話すことができました。




親善水泳大会

2017.08.01 / 本田 正俊


 26日(水)に西小学校のプールで親善水泳大会が行われました。天気は快晴。青空に夏の太陽がギラギラと輝き、正に水泳大会日和となりました。大会に参加した6年生4人は、50mを2種目とメドレーリレー、4×50mリレーに出場しました。リレーは男女混成の種目がないので、男子の部に出場しました。
 子供たちは、これまで学校での練習だけでなく、中条小学校のプールで中条小学校の児童との合同練習や現地練習にも取り組んできました。誰一人として練習を休んだり、途中で休憩したいと言ったりすることなく、少しでもタイムを縮めようと頑張ってきました。
 その結果として、大会では自分の自己ベストを上回るタイムを出すことができ、満足のいく大会となりました。応援にお出でいただいた皆様、ありがとうございました。




飛渡川の生物調べと発電実験

2017.07.31 / 本田 正俊


 7月20日(木)、とおかまちプロモーション大使でポポラ館長の荒川さんをはじめ、ポポラのスタッフのご協力で、飛渡川で生物調べと発電実験を行いました。
 子供たちは、川の中に入ると、早速、大きな石をひっくり返して小さな水生昆虫を次々と見つけていました。また、大きな生き物を捕るために、みんなで協力して、網を下流に設置しその上流の石や草の根元を足で掻き混ぜていました。
 たくさんのカゲロウの幼虫、オニヤンマやカワトンボのヤゴ、シマドジョウ、カジカガエルとそのオタマジャクシなど全部で20種類以上の生き物を捕まえることができました。きれいな水に棲む生き物がほとんで、飛渡川の水のきれいさを改めて確認することできました。
 その後、水車が回ることでLED電球が光る実験装置で発電実験を体験しました。まず最初に、川の流れの中に水車を入れ、水車が回っていても、LEDが光っていないことを確認しました。次に、流れを強くするために、みんなで協力して水車に水が集まるように石で水路を作りました。すると見事にLED電球を光らせることができました。
 次回は、2学期に発電の仕組みを学びます。




ジャガイモの収穫

2017.07.31 / 本田 正俊


 7月19日(水)、ジャガイモの葉の一部が少し黄色くなったばかりなのでもう少し待ちたいところですが、終業式まで後2日なので、全員で収穫を行いました。
 昨年度は、出来が悪く小さなジャガイモしかとれませんでした。そのため、「川遊びの会」での豚汁に使うジャガイモを十分にお届けすることができませんでした。
 さて今年は。
 一本目のジャガイモの回りの土をスコップで掘り起こして、ジャガイモの茎を引き抜くと、小さなジャガイモが2・3個ついてきただけでした。みんなが今年もダメかと思っていると、畝の中にジャガイモの一部が見え、掘り出してみると、大きなジャガイモが姿を現しました。なかなかの出来です。
 その後、みんなで手分けをして、2本の畝からジャガイモを次々と収穫しました。子供たちは、大きなジャガイモを見つけると「でっかい!」と歓声をあげたり、小さなジャガイモが出てくると「かわいいのがあった。」と見せに来たりしていました。
 収穫し終わって、ジャガイモを一輪車に載せると2台分になりました。まずまずの出来にみんな大喜びでした。
 重さを量ってみると全部で約55kgでした。
 




校内水泳大会

2017.07.31 / 本田 正俊


今年の校内水泳大会は、悪天候のために予定していた日より1日順延しての開催となりました。私は残念なことに、大会を観戦することができませんでしたが、子どもたちの水泳授業の様子から、校内水泳大会で子どもたちが大活躍するだろうと予想することはできました。実際に職員から大会の様子を聞くと、13人全員が自分の力を精一杯発揮して泳いでいたとのこと、本当にうれしかったです。
 飛一小の子どもたちの水泳に対する意欲はすばらしいと思います。泳ぐことをとても楽しんでいる子どもたちです。夏休み中もPTAによるプール開放に参加して、泳力をさらに高めていってほしいです。




夏休み自由研究のすすめ

2017.07.31 / 本田 正俊


今年も理科教育センターの大熊一郎先生にお出でいただき、夏休みの自由研究の進め方について、指導していただきました。最初の全体指導では、「伝える」ということを大切にして自由研究を進めてほしいというお話をしていただきました。どのような実験方法だったのか、どんな苦労があったのかなどを、写真をたくさん使って分かりやすくまとめることが重要だと教えていただきました。その後は、一人一人の研究計画をみていただき、どうしたらより良い自由研究になるかアドバイスをいただきました。子どもたちは、真剣にアドバイスを聞いたり、分からないところがあると質問をしたりしていました。きっとすばらしい自由研究になることを期待しています。




七夕朝会

2017.07.13 / 本田 正俊


 4日(火)に七夕朝会がありました。「○○になりたい!」や「家族が健康で幸せに暮らせますように」といった子どもたちがそれぞれ自分の将来の夢や願い事をみんなの前でしっかり発表しました。その後、その願い事を笹にくくりつけ、全校で記念写真を撮りました。大きな笹を見て、「でけー!」、「上の方が見えなーい!」と、子どもたちもはしゃいでいました。この竹は後援会長様が寄付してくださいました。本当に立派な笹をありがとうございました。ご家族の方々も短冊に願い事を書いていただきありがとうございました。心温まるものやユーモア溢れるものなど、笹がさらに魅力あるものになりました。また、稀龍さんが、家で七夕の飾りを山のように作ってくれました。おかげで笹もグッと華やかになりました。




ホタル観察会

2017.07.13 / 本田 正俊


 6月28日(水)に行われた今年度のホタル観察会は、絶好の天候に恵まれ、たくさんのホタルを見たり捕まえたりすることができました。
今年も指導者に南雲敏夫さんからお出でいただき、ゲンジボタルとヘイケボタルの違いや生態などについて説明をしていただきました。
 太陽が沈み次第に暗くなってくると、ホタルの光が見えるようになってきました。南雲先生と一緒に飛渡川を渡り右岸の山すそに行くと、たくさんのホタルが飛んでいました。これほど多くのホタルが飛び交う光景を初めて見ました。
 南雲先生がたくさんのホタルを捕まえて川の左岸に戻ると、子どもたちもたくさんのホタルを捕まえていました。南雲先生が捕まえてきたホタルを子どもたちのペットボトルに分け入れ、ホタル花火の準備完了です。 
 いよいよホタル花火です。ペットボトルの蓋を開け、南雲先生のかけ声で一斉にペットボトルの中のホタルを振り出しました。夜空にたくさんのホタルが飛び出し、幻想的でとても素敵な光景となりました。また、道路には飛べなかったたくさんのホタルがいて、まるで宇宙に輝く星々のようでした。




読み聞かせ

2017.06.28 / 本田 正俊


 6月21日(水)の朝学習の時間に読み聞かせをしていただきました。二人のボランティアさんにおいでいただき、二つのクラスで行いました。
 2・3年生は「ランパンパン」、4・6年生は「せいめいのれきし」という本を読んでいただきました。子どもたちは、良い姿勢で真剣に聞き、お話の世界にどっぷり浸っていました。
 読み聞かせ後、ボランティアのお二人は、「子どもたちの姿勢が良かったので、とても緊張した。」と話していました。次回は、7月19日です。




おいしいサツマイモになあれ

2017.06.21 / 本田 正俊


 今年も指導者に佐藤可奈子さんにお出でいただき、6月13日(火)にサツマイモ植えを行いました。植えた苗も昨年度と同じ「紅はるか」です。畝の南側半分を縦植えに、北側半分を横植えにして、サツマイモのでき方を比べることにしました。
 佐藤さんから苗を差し込む穴を開けてもらい、子どもたちは早速植え始めました。佐藤さんから教えてもらうのは2回目ということで、子どもたちは次々と苗を植えていき、アッという間に植え終わりました。
 閉会式では、「大きなサツマイモになってほしい。」「小学校最後のサツマイモ植えだから、おいしくなってほしい。」という感想発表がありました。佐藤さんからは、「作物は、人の足音を聞いて育つ。」というお話がありました。閉会式後、畝の回りを大きな足音を立てながら、走り回っている子どもたちでした。




飛一小・飛渡地区ふれあい大運動会

2017.06.19 / 本田 正俊


 6月11日(日)、飛一小・飛渡地区ふれあい大運動会を行いました。前日は豪雨に見舞われ、外での開催が危ぶまれました。しかし、当日は、晴天のもと澄み切ったすがすがしい空気の中で飛一小の児童と6チームに分かれた地域の皆様とが一緒になって、外での運動会を思う存分楽しむことができました。総合優勝は白組、応援優勝は赤組という結果でした。
 朝早くから応援にお出でいただいたご来賓の皆様、地域の皆様、保護者の皆様、誠にありがとうございました。また、準備と運営にご尽力くださった皆様、心より感謝申し上げます。




プール清掃

2017.06.15 / 本田 正俊


 6月21日のプール開きにむけ、6月7日(水)にプール清掃を行いました。
 2度のEM菌投入によって、プールの水はお醤油のような茶色になっていました。その水を全部抜くとプールの壁は、きれいになっていて、EM菌の効果があるように感じました。
 子どもたちは、水のなくなったプールに入り、デッキブラシやたわしを手に、プールの底や壁をゴシゴシ擦り洗いしました。久保田さんとパトリックさん夫妻も手伝ってくださり、きれいにすることができました。また、今年は、プールの中だけでなくプールサイドもとてもきれいにすることができました。21日のプール開きが楽しみです。
 ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。




石投げおけさ練習会

2017.06.02 / 本田 正俊


 ふれあい大運動会まで、約1週間ほどになりました。子どもたちは、リレーや応援の練習に熱が入ってきました。そんな中、6月1日(木)に運動会の最後を飾る地域の皆さんと一緒に踊る「石投げおけさ」と「十日町小唄」の踊りの練習を行いました。
 「あわせおけさ保存会」の6名の皆様と公民館の山田さんにお出でいただき指導していただきました。
 子どもたちが、手こずったのは踊りよりも豆絞りの結び方でした。なかなか自分一人で結ぶことができず、指導の先生から結んでもらったり、うまくできた6年生から教えてもらったりしていました。
 踊りは、学校だけでなく、公民館や集会所でも練習することがあったようで、2年生の子もしっかり踊っていました。
 運動会当日は、地域の方と一緒に大きな輪を作って、「石投げおけさ」「十日町小唄」を楽しみたいと思います。




全校田植え(〜飛渡米づくりスタート〜)

2017.06.02 / 本田 正俊


 今年も飛渡米作りに向けて、5月30日(火)に全校田植えを行いました。稲作指導者大津貴夫さんをはじめ、大勢の地域ボランティアの方からお出でいただきました。全校児童13人に対して、11人もの地域の方からお出でいただきました。
 上の学年の子どもたちは、毎年繰り返し田植えを行っているので、手慣れた手つきで苗を次から次へと植えていました。また、下の学年の子どもたちも、一列を植え終わると、「終わったのでどこを植えればいいですか?」と意欲満々で苗を植えていました。
 子どもたちの頑張りと、大勢のボランティアの皆様のお蔭で、予定した時間より短時間で、しかも倒れている苗を起こす作業もして、きれいに植えることができました。
 ご協力いただいた地域の皆様、本当にありがとうございました。




体力テスト(中条小と合同で)

2017.06.02 / 本田 正俊


 今年度の体力テストは、中条小学校さんと合同で十日町市陸上競技場を使って、行いました。当日は、曇り空で暑くも寒くもなく、運動するにはもってこいの天候でした。
 飛一小の子どもたちは、中条小学校の縦割り班に入れてもらい、交流しながら自分のもてる力を精一杯発揮してきました。すばらしい会場で、大勢の子どもたちを意識しながらの記録への挑戦は、これまでの記録を伸ばすことができました。




EM菌投入

2017.05.24 / 本田 正俊


 5月15日。EM菌の1回目のプールへの投入を行いました。
洗剤などの薬品を使ってプール清掃をするのではなく、EM菌といった自然素材を使うことで、飛渡の自然環境を守るという意識が少しでも育ってほしいと願っています。




ブナ林体験

2017.05.24 / 本田 正俊


 5月9日、池谷のブナ林へ「ブナ林体験」に行ってきました。一緒にご参加していただいた保護者の皆様、誠にありがとうございました。
 今年度も講師に自然観察員の南雲敏夫先生にお出でいただき、たくさんのことを教えていただきました。駐車場で開会式を行った後、ブナ林までの道の回りを散策しながら歩いていきました。今年は昨年より早い時期の開催だったので、昨年とは違った植物の様子を見ることができました。た。また、様々な山菜もあり、山菜採りに夢中になりたいという気持ちが、わいてきてしまいました。
 ブナ林に到着。子どもたちは、枯れ葉の上でそり滑りをしたり、枯れ葉に埋もれたり、秘密基地作りをしたり、ブナ林の魅力を満喫していました。時間が経つとそり遊びに飽きてきた子どもたちが、秘密基地作りを始め、今回は2カ所に秘密基地が作られました。どうしたら木の枝を柱のように立られるのか、ブナの木の間に枝を渡すにはどうしたらいいのか、落ちている長さや形の違う枝をうまく利用しながら工夫していました。
 最後にみんなで歌を歌いました。「つばさをください」「ロックマイソウル」「ビンゴ」「世界がひとつになるまで」の4曲を歌いました。子どもたちが歌い始めると、それに呼応するかのように、小鳥たちが鳴き、アカゲラがドラミングをし始めました。ブナ林での小鳥たちとのすてきな合唱になりました。
このブナ林は、飛渡の豊かな自然の一つです。これからも大切にしていくように、子どもたちの意識を高めていきたいと思います。




EM菌培養開始

2017.05.24 / 本田 正俊


 6月7日のプール清掃に向けて、5月2日に第1回目のEM菌の培養を開始しました。米糠を布袋に入れ、タライに入れた水の中でそのエキスを絞り出します。子どもたちは、水の色が濃い肌色になるまで、米糠の入った布袋の感触を楽しみながら揉みました。その後、砂糖とEM菌の原液を入れ培養液を完成させました。タライから柄杓を使ってペットボトルに移し換え20本ほどができあがりました。
 これで作業は終わりではありません。プールへの投入の日まで、EM菌を培養させるために、子どもたちは、毎日、ペットボトルが日光に当たるように外に出す作業と、朝・昼・夕方とEM菌が熟成する際に発生するガス抜きを行います。




一人一鉢活動

2017.05.11 / 本田 正俊


 人権の花を贈呈していただいた日の午後、早速花の苗を植える作業を全員で行いました。人権の花としていただいたプランターは5つだったので、6年生が担当しました。他の学年の子どもたちは、前の事務員さんからいただいたパンジーの苗を2株ずつ小さなプランターに植えました。余った苗は花壇に植えました。一人一人が自分で植えた花を枯らさずに、責任をもって育ててほしいと思います。また、世話を忘れている人に声をかけたり、実際に水をやったりして、みんなで協力して花を育てていき、人権の花の目的を達成したいと思います。




人権の花贈呈式

2017.05.11 / 本田 正俊


 5月2日の全校朝会で、5名の人権擁護委員の方から、人権の花を贈呈していただきました。サルビア、マリーゴールド、ベゴニアの花の苗とプランターや培養土などをいただきました。人権擁護委員さんからは、「みんなで仲良く力を合わせて、すてきな花を育ててください。」というお話をいただきました。それに対して代表児童が「みんなで協力して、花を枯らさないように育てていきます。」と力強く応えていました。




春の環境整備作業

2017.05.11 / 本田 正俊


 4月23日にPTAと後援会の皆様から環境整備作業に一生懸命に取り組んでいただき、冬から春への校舎周りの環境が整いました。誠にありがとうございした。
 冬囲いの解体、ブランコやプールフェンス・シャワー、グラウンド周りのネットの設置、そして、鯉のぼりの掲揚などのたくさんの作業を行っていただきました。一人一人が何をどのように作業を進めればよいのかを熟知し、専門的な道具や技術を活かしててきぱきと作業が行われ、予定の時間より早く終えることができました。
 作業後、きれいに掃除されたグラウンドの上空に風に吹かれた鯉のぼりが泳ぎ、とても清々しい気持ちになりました。




スキーの最後は…、凍み渡り!

2017.03.06 


校内スキー大会以降、スキーの授業や特設が終了し、スキーから離れていた子どもたち。
しかし、「凍み渡りにはいつ出掛けるんですか?」とずっと楽しみにしていました。
2月28日(火)は、放射冷却の影響で朝から大変冷え込み、凍み渡りができる最高のコンディションに。
「今日は凍み渡りに行こう!」と伝えると、子どもたちは大喜びでした。
充分に凍みた雪の上はスキーの板がいつになく滑り、子どもたちはスケーティングで気持ちよく滑っていました。
また斜面を果敢に滑降する姿も。
凍み渡りをするたびに、そのシーズンで子どもたちがいかにスキー技術が上達したか伝わってきます。
来年も一生懸命クロカン練習に取り組んで、最後の凍み渡りを楽しめるといいですね。




大舞台にチャレンジ〜中越学童クロカンスキー大会〜

2017.03.06 


2月26日(日)は、第35回中越学童クロスカントリースキー大会が吉田CCで開催され、熱戦が繰り広げられました。
飛一小からは、5年生女子1名が出場。
堂々とした滑りを披露しました。
当日は晴れ間が時折のぞいたものの、刻々と天候が変わりコースコンディションが難しく、下り坂で転倒者が続出。
その中で、練習で培ったスキー技術を駆使し、転倒することなく最後まで勢いのある滑りでゴールすることができました。
印象的だったのは、スタート直前に緊張していた時、クラスメートからのビデオメッセージを見ると、自然と笑顔になっていたことです。
みんなの応援する気持ちが勇気を与え、笑顔でスタートラインに立ち実力を発揮できたのだと思います。




今年の雪像は…?!

2017.02.16 


2月の18、19日は十日町雪まつりです。
今年も高学年で雪像のテーマを決めました。
今年のテーマは『鳥の名は・・・、鳥太郎!』です。
テーマ決定後、5・6年生が雪像のモデルを粘土で作り、給食後に雪像モデルコンテストを行いました。
投票で選ばれたモデルをもとに、15〜16日の二日間に渡り、全校で雪像作りを行いました。
いざ雪像作りが始まると、子どもたちは自分たちが選んだモデルをよく見て、雪を積んだり削ったりと一生懸命取り組みました。
初日から上学年と下学年に分かれて、メインの雪像と周りの雪だるまを作っていきました。
上学年はメインの雪像の顔や土台のおおまかな輪郭を削り出しました。
子どもたちはモデル図をよく頭に入れ、完成をイメージしながらテキパキと作業を行っていました。
二日目は、スコップや手持ちシャベルで形を整えたり削り出したりして作品を仕上げていきました。
子どもたちが計画から最後の仕上げまで担った力作です。
ぜひお時間がある時に学校へ足を運んでいただき、ご覧になってほしいなと思います。




吹雪にも負けず〜校内スキー大会〜

2017.02.16 


親善スキー大会の熱もまだ残る2月12日(金)、校内スキー大会を開催いたしました。
当日は吹雪く時間帯もあり、あいにくのコンディションでしたが、子どもたちは天候に負けずこれまでの練習の成果を存分に発揮することができました。

さて、特設や体育の授業でのスキーの練習はひとまず終わりとなりますが、子どもたちが頑張ったご褒美として3月のよく晴れた日に凍み渡りに出ようと計画しています。




飛一小の代表として〜最後の親善大会〜

2017.02.14 


2月4日(日)、今年度を締める最後の親善大会、第12回十日町市小学校親善スキー大会が吉田CCにて開催されました。
例年天候が心配されますが、当日は晴れ渡る青空!
絶好のコンディションの下、5・6年生はこれまで練習で培ってきた力を存分に発揮してきました。
今大会は市内から約800名の児童が参加しました。
競技は、個人種目が1kmと3kmの2種目、それに男女のリレーです。
飛一小の子どもたちは、今回も全員が3kmにチャレンジ!
クロカンスキーのメッカである十日町市の親善スキー大会は当然レベルが高いわけですが、その中で子どもたちは他校に負けない滑りを見せてくれました。
また、6年生は飛一小の看板を背負ってリレーで熱い戦いを見せてくれました。
最後まで6年生を応援していた5年生の目に彼らはどう映っていたでしょうか。きっと来年6年生の思いを受け継ぎ、すばらしいチームワークとレース運びを見せてくれると信じています。
最後に、親善スキー大会を迎えるにあたり、今年度は保護者の皆様、地域の皆様から例年以上のご支援・ご協力をいただきました。
子どもたちが大会で力を発揮できたのも皆様の支えがあってこそです。
子どもたち自身も皆様のおかげでスタートラインに立てたことを本当に感謝しています。
ご多用の中、何度も足を運んでいただき、本当にありがとうございました。




現地練習を重ね

2017.02.14 


1月19日(木)は、吉田クロスカントリー競技場へ5・6年生で親善スキー大会の現地練習に出掛けました。
昨年に続いて大会コースが変更となったため、変更地点の確認と各ポイントでの攻略方法を中心に練習を行いました。
指導者として学校協力者の久保田初男さんも参加してくださり、急勾配の坂の上り方や、上りから平地への滑りの変え方、下りでの重心の落とし方などを教わりました。
さらに、24日(火)にも再び現地練習へ。
この日は雪がどんどん降る悪コンディションでしたが、子どもたちは3kmの記録取りと2kmの試走を行いました。
新雪がグリップゾーンに下駄のようにつき、どの子も悪戦苦闘していましたが、本番でも想定される悪条件を経験するよい機会となりました。




道具を大切に

2017.02.14 


飛一小の5・6年生は、スキー練習の合間に自分たちが普段使っているワックススキーの手入れを行っています。
グリップゾーンの汚れをリムーバーで落としたり、グリップワックスやグライダーワックスを塗ったりと大忙し。
去年、一昨年とワックスを伸ばすことに苦戦していた子どもたちも最近ではだいぶ作業に慣れ、短時間で行うことができるようになってきました。
何事も経験とこれまで継続してきたことが子どもたちの中に定着してきていることを感じます。
様々な場面でこうした姿が増えていくことを期待し、指導を続けてまいります。




アルペンスキー教室

2017.02.01 


 晴天の下、アルペンスキー教室が行われました。多くの保護者の皆様が参加してくださいました。集合時間ぎりぎりまで滑っているグループもあり、みんなで楽しんだ一日でした。




1月25日

2017.02.01 


 十日町市諏訪通りで開催されている節季市に出かけてきました。会場では、いろいろな小学校の児童や知っている方にたくさん会いました。お小遣いの中で好きな物が買えるかのかどうかを考えながら、品物を選んでました。




本に親しみましょう。

2017.02.01 


 1月17日に全校で情報館に行ってきました。館内はお正月らしい雰囲気で、おみくじもありました。おみくじには、ラッキー本が書いてあり、子どもたちはそれを見ながら本をさがしていました。また、情報館の司書さんから読み聞かせをしていただきました。




小正月

2017.01.26 


 1月13日(金)、地域の方を指導者として招き、「わら細工作り」を行いました。草履や草鞋のどちらかを選び、指導者の先生方からアドバイスを受けながら、作りました。集中していたので、あっという間の2時間半でした。


 この日の午後にはさいの神を行いました。雪が降る寒い日でしたが、地域の方も大勢参加してくださいました。新水地域に伝わる「オンビロ」をとばし、無病息災を願いました。



今年も少雪が心配でしたが…、特設スキー部本格始動!

2017.01.16 


1月10日(火)から、いよいよ特設スキー部の練習が屋外でスタートしました。

この日まで雪がほとんどなく、10日は体育館東側の雪解けが少ない場所を使って5・6年生だけ屋外練習に出ました。

ところが、翌11日からいきなりの大雪(苦笑)。

飛一小のグラウンドもようやくモービルでクロカンコースを引いて、練習に取り組むことができました。

全校児童が待ちに待った雪の上を元気に滑っています。




5・6年生中条小交流

2017.01.16 


10日(火)は、5・6年生の中条小学校との交流日でした。

今回は、それぞれの学年が国語・算数の授業に参加してきました。

普段とは違う大きな集団の中の学習で子どもたちも多少緊張していたようですが、担任の目には自然体で学ぶ7人の姿が映りました。

これまでの部活動や総合、体験的な学習での交流の経験が確実に生きており、子どもたちの学ぶ姿に表れていました。




ワクシング台復活!!

2017.01.16 


冬休みの間、後援会の皆様のお力を借りて、スキーのワクシング台の修理と新調を行っていただきました。

ワクシング作業がしやすいようにと台の高さや留め具の部分など細かい所まで調整していただき、たいへんありがたかったです。

親善スキー大会直前の第二回PTAワックス作業で大切に使わせていただきます。




クロカンスキーを前に〜PTAワックス作業〜

2017.01.16 


12月22日(木)は放課後にPTAのワックス作業を行いました。

今年度から新たに始めた活動になりますが、多くの保護者の皆様からご協力をいただきました。

今回は、板のクリーニングからベースワックスを入れるところまで行いました。

夜遅くまで作業をしていただき、本当にありがとうございます。

おかげ様でどの板もピカピカのつるつるに仕上がりました♪




2学期終業式

2017.01.16 


 22日に2学期の終業式が行われ、3人の代表児童が、全校の前で2学期の反省を話しました。2学期は、運動会から始まり、マラソン大会、音楽交歓会、文化祭と行事が多くあり、子ども達もとても印象深かった学期のようでした。大きな行事の合間にも、授業や他校の児童との交流などがあり、子ども達も大忙しでした。明日から14日間の冬休みになります。ゆっくり休んで、2学期の疲れをとり、よい年を迎えてほしいと思います。




クリスマス朝会

2017.01.16 


 20日にクリスマス朝会を行いました。保健図書委員会が中心となり、ゲームを行いました。最初に、ビンゴゲームを行い、ビンゴが出来た人からクリスマスプレゼントを選んでいきました。プレゼントは中身が分からないように包んであったので、子ども達もドキドキしながらプレゼントを選んでいました。
 次に、フルーツバスケットと言うゲームのクリスマスバージョンを行い、なるべくオニにならないように一生懸命取り組んでいました。
 午後からは公民館のクリスマス行事に参加し、少し早いクリスマスでしたが子ども達も1日楽しそうでした。




さいの神に向けて〜オンビロ作り〜

2016.12.20 


12月13日(火)は、新水の久保田秀一さんを招いて、5・6年生でさいの神のオンビロ作りをしました。
オンビロを作るには、まず鉛筆と定規で色紙に1cmと5mm幅の切り取り線を引いていきます。
その後、色紙を5枚重ねて、カッターナイフで一直線に切ります。
この作業がなかなか大変で、慣れていないと上手に紙を切ることができません。
実際、今年初めて挑戦した5年生は思うようにいかず苦戦していました。
一方、6年生は通算3回目の取組ということもあり、慣れた手つきで進め、これまでで1番上手く仕上がったように思います。
何事も経験を重ねることが上達に繋がることを感じました。
今回作ったオンビロは、年明けのさいの神でお披露目いたします。




今年もサケの卵が届きました!

2016.12.20 


12月12日(月)は、中魚沼郡漁協組合の長谷川組合長さんが来校し、サケの卵を届けてくださいました。
今までの取組が徐々に成果を表し始め、信濃川から飛渡川へ向かうサケの姿も見られます。
卵を孵化させ、稚魚を育てていくことは、決して簡単なことではありませんが、今年も元気にサケの子どもが旅立っていけるように大切に育てていってほしいと願っています。
なお、今年は3・5年生が中心となり、全校でサケの飼育を進めていきます。




特設スキー部始動!

2016.12.09 


12月に入り、雪が少しずつぱらつく時期になってきました。
いよいよスキーシーズンの到来です。
5・6年生は今年度の2月に親善スキー大会を控えています。
昨年は少雪だったため、今後の雪の降り方も心配ですが、子どもたちは特設スキー部の練習をスタートし、一生懸命練習に取り組んでいます。
例年同様にまずはフォーム固めということで、体育館でスキードリルや腕振りをしています。
雪上に出た時に上手く板に乗るためには、屋内練習の内にしっかりとフォーム固めをしておくことが大切!
ダイアゴナル滑走、推進滑走、一歩滑走それぞれの滑りのポイントを思い出しながら、フォームをデジカメで撮影して確認したり、友達同士でアドバイスをし合ったりしています。
本田校長先生も時折練習の様子をご覧にいらっしゃるのですが、子どもたちのフォームの美しさに驚かれていました。
実際、年々フォームが改善されており、外へ出てからの滑りがたいへん楽しみです。




アボリジニアートを学ぶ

2016.12.09 


12月2日(金)は、ALTのブラッドリー先生がいらっしゃり、全校でアボリジニアートを教えていただきました。
このアボリジニアートの大きな特徴は、多くのドットとその集合により様々な表現をしているところになります。
これはドットペインティングと呼ばれ、本来は竹などの棒の先に塗料をつけ、描いていたそうです。
今回は、このドットペインティングを小学生向けにアレンジシし、綿棒の先に絵の具をつけて自分が好きな動物の絵を描いてみました。
普段は筆で水彩画を描いている子どもたちにとって、ドットで表現していくことはとても新鮮だったようです。
時間を忘れて作品づくりに集中して取り組んでいました。
出来上がった作品を見ると、どれも味がある仕上がりになっていて素晴らしかったです。




感謝の気持ちを込めて〜収穫感謝の会〜

2016.12.09 


12月1日(木)は、今年の米作りや野菜作り、山菜採りでお世話になった地域の方々をお招きし、収穫感謝の会を行いました。
5・6年生が中心となって企画を進め、当日は昼食作りに一生懸命取り組みました。
自分たちで育てたお米や野菜を生かし食事を振る舞いたいということで、新米のスマイルぴかぴか飛渡米、わかめと油あげのみそ汁、じゃがいものチヂミ、さつまいものきんぴらを用意しました。
子どもたちは家庭科で学習したことを生かして、料理の下ごしらえや調理を積極的に行っていました。
計35名の食事をつくり、子どもたちもだいぶ疲れたと思いますが、お客様から「美味しかったよ」「また食べたいな」という声が聞かれ、達成感や充実感を感じている姿が印象的でした。




米づくりを通して〜馬場小との交流〜

2016.11.21 


今年度、5・6年生は課外活動(特設水泳や特設陸上)や体育、妻有焼き体験等を通して中学校区の小学校と交流を進めてきました。
17日(木)は、飛一小と同じ小規模校の馬場小学校と交流の時間を設けました。
昨年度まで飛一小の職員であった小海智香先生が馬場小の5年生の学級担任だったこともあり、春先から両校の米づくりを通しての交流を計画していました。
飛一小の5・6年生は、今回の交流のために文化祭後も米づくりの劇の練習を続けてきました。
また、サプライズとして一人一人のメッセージを添えたお米やポップコーンのプレゼントの準備も進めてきました。
どうしたら自分たちの米づくりの活動を知ってもらえるか、楽しんで交流できるかを考えながら活動を続けることができたと思います。
当日の発表の場面では、堂々とした発表で練習の成果を十分に発揮することができ、みんなの自信になりました。
馬場小の5年生の発表からは自分たちの活動との違いをたくさん学ばせていただきました。
他校の様子を知ることで、両校の子どもたちにとってお互い新鮮に感じる部分が多かったようです。
実際に馬場小の子どもたちがつくった黒米のおにぎりを味わうことができたのもいい経験になりました。
今後も交流の機会を大切にし、子どもたちの人とかかわる力を育てていきます。




今年のできは?〜さつまいも収穫〜

2016.11.21 


11月2日(水)には全校でさつまいもの収穫を行いました。
今回もさつまいもの先生の佐藤加奈子さんをお招きし、収穫する中で様々なことを教えていただきました。
まず収穫のタイミングですが、さつまいもが順調に育ち食べ頃を迎えると、畑の畝がこんもりと盛り上がってくるそうです。
実際に学校の畑もマルチをはがすと、畝がいもの成長によって押し上げられており、子どもたちの期待もぐっと高まりました。
また、気になる美味しいさつまいもの見わけ方も教えていただきました。
蜜が詰まって美味しいいもは、切り口に白い液体(「ヤラピン」という糖脂質)が現れ固まります(※時間が経つと、白から黒へ変色することもあるそうです)。
この液体の固まりがあるおいもは、糖度が高く甘いということでした。
学校のいもは、つるから切り離していくと、切った先からこの液体が流れ出ており、糖度の高さがうかがえました。




文化祭ありがとうございました!

2016.11.21 


子どもたち、保護者の皆様、地域の方々が心待ちにしていた文化祭。
2学期の大きな行事の締め括りとして、学校と地域が一体となり、大盛況の一日でした。
劇はもちろん、体育館に掲示した子どもたちの学習ポスターからも学習の成果が感じられたかと思います。
これも準備から本番に至るまで保護者の皆様が子どもたちへ温かい励ましのお言葉をかけてくださったからです。
本当にありがとうございました。
また、今年度もPTA活動の一環として、喫茶コーナーやけんちん汁作り、作品展示など様々な面で文化祭を盛り上げてくださり、感謝いたします。
保護者の皆様に支えられての文化祭だと改めて感じました。
来年度もどうぞよろしくお願いいたします。




満員御礼@てづくり市

2016.11.21 


10月2日(日)は、てづくり市に参加しました。
昨年はあいにく文化祭とバッティングしてしまい参加できなかったため、2年ぶりの出店となりました。
前日まで天気は雨模様で当日も天候が心配されましたが、快晴の空の下、子どもたちの元気な呼び声が会場に響いていました。
子どもの中には「お客さんは、みんなで作った美味しいお米を買ってくれるかな?」「準備したお米が全て売れるかな?」と不安に思っていた子もいたようですが、準備した『スマイルぴかぴか飛渡米』100袋全てがわずか30分で完売する大盛況ぶり♪
販売ブースをお貸ししてくれた岩田新聞店さんのお話では、今までで最短の完売時間ということでした。
また、お客様の中には、「昨年は飛一小のお米が売っていなくて残念だったよ。」「お米を食べたら、また感想の葉書を出しますね。」といった声も。
自分たちで丹精こめて作ったお米が多くの人に喜んで買っていただけるのは、とても嬉しいことですね!




天候に悩まされましたが…ついに稲刈り!

2016.11.21 


例年と比べて雨の多い9月。
なかなか晴れる日が少なく、今年度は稲刈りも予定通り行うことができませんでした。
しかし、9月27日(火)は一転して晴れ間となったため、何とか1日延期で実施する運びとなりました。
当日は、米づくりの先生の大津貴夫さんをはじめ、魚之田地区から大津三作さんと波形カツさん、地域おこし協力隊から横澤祥太郎さんと本間小百合さん、公民館から山田君枝さんにご協力をいただきました。
地域の稲刈りもありご多用の中、ご協力いただき、まことにありがとうございました。
子どもたちは、晴天の中、汗まみれになりながら地域の皆様と手刈りを行いました。
危なげなく鎌を用いてどんどん稲を刈っていき、刈った稲を上手に丸けていきました。
その様子に地域の方々もとても驚かれていました。




地域とともに大運動会

2016.11.21 


9月11日(日)に今年度の大運動会が行われました。
本番前から雨が降る日が続いて天候が心配されましたが、昨年に続き学校・地域合同の運動会を開催することができました。
子どもたちはもちろん、保護者の皆様や地域の方々もたいへん喜ばれたことと思います。
5・6年生は、1学期の親善陸上競技大会や親善水泳大会の練習の合間を縫って、全校の中心となって準備を進めてきました。
子どもたちの頑張りが「アピールタイム(応援合戦)」や「飛渡の四季(組体操)」など各種目に存分に表れていた本番となりました。
こうした子どもたちの姿が見る人に大きな感動を与えたのではないでしょうか。




飛一小の顔として

2016.11.21 


6年生は8月8日に十日町中学校でスポーツ教室とリーダー交流会があり、他校の6年生や中学生と活動してきました。
一緒に運動をしたり、話し合い活動を行ったりと交流を深めてくることができました。




夏休み中もパワーアップ!

2016.11.21 


8月に入ると、18・19日の2日間に子どもたちは久しぶりに学校へ来て、運動会の練習やパワーアップ教室、新潟大学の学生との交流、宿泊体験学習がありました。
運動会に向けて組体操「飛渡の四季」の練習や赤・白それぞれの応援練習を行い、気持ちの良い汗を流しました。
大学生との交流では、劇を見たり工作しました。
また、高学年は宿泊学習も兼ねていたため、一緒に夕飯のカレー作りをしたり、ナイトウォークを行ったりとたくさんの思い出ができました。




水泳練習も追い込みの時期に

2016.11.21 


7月12日(火)は、5・6年生が中条小との合同水泳練習の3回目がありました。
この日も市の体力づくり支援センターの須藤コーチがいらっしゃり、子どもたちに丁寧に水泳指導をしてくださいました。
特に、親善水泳大会に向けて4泳法(自由形、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ)のポイントについて実技師範を交えて教えてくださり、子どもたちも真剣に耳を傾けながら練習に臨んでいました。
練習中、須藤コーチから「飛一小の子どもたちは、水泳を習っている子が多いのですか?」と質問を受けました。
どの子も指導の飲み込みが早く、たいへん驚かれていたようです。
中条小の藤木教頭先生からも「飛一の子は、飛び込みの練習も進んでよく頑張るね!」とお褒めの言葉をいただきました。




信濃川の新たな魅力を発見!

2016.11.21 


7月14日(金)は、5・6年生が市の「ふるさと信濃川教室」に参加してきました。
「ふるさと信濃川教室」の第一部は、中魚沼漁業協同組合さんの見学でした。
第二部は、宮中ダムでダムを利用した水力発電所の発電の仕組みと魚道について学習してきました。
第三部は、ミオンなかさと裏の信濃川の河原で、水の働きや川の流れについて学びました。
そして、第四部では、お待ちかねのラフティング!普段見る信濃川は穏やかなイメージが強いですが、いざボートに乗って川へくり出すと、アップダウンが激しいところやオールを漕がなくてもぐんぐん進むところなどエキサイティングな川であることが分かりました。
8kmのコースを1時間以上かけて下ってきましたが、子どもたちも時間を忘れるほど楽しめた様子でした。
子どもたちの事後アンケートや作文にも「またラフティングがしたい!」「川下りが最高でした!」と感想がたくさん書かれていました。
ほぼ丸一日を使った「ふるさと信濃川教室」でしたが、子どもたちにとっては新たな発見も多く、思い出深い校外学習となったことが担任としてもとても嬉しかったです。




親善陸上競技大会を終えて

2016.11.21 


6月21日(火)に、今年度の郡市親善陸協上競技大会がありました。
今年は6月開催のため、雨天による中止や高温多湿による熱中症も心配されましたが、当日は曇天で競技するにはちょうどいいコンディションでした。
子どもたちはこの日まで2ヶ月弱の間、5・6年生を中心に一生懸命練習に取り組んできました。
大会に出場するにあたり、子どもたちは自分で競技種目を選択し、それぞれの目標に向かって努力する姿が印象的でした。
自分が得意な種目を更に伸ばそうとする子、競技経験がない種目にチャレンジする子、昨年出場した種目にリベンジする子。
練習中、子どもたち一人一人から大会へ出場する意気込みが伝わってきました。
本番でも、練習を経て成長した子どもたちの姿は輝いていました。




移住女子、佐藤可奈子先生に学ぶ

2016.11.21 


6月16日(木)は、全校でさつまいも植えを行いました。
今年度からさつまいもの先生として佐藤可奈子さんをお招きすることになりました。
活動では、まずこれから植えるさつまいもの苗について教わりました。
一般的には「べにあずま」が有名ですが、今回は「べにはるか」という品種を育てていきます。
この「べにはるか」はとても糖度が高く、上手く育てると蜂蜜のような味わいがするそうです。
さらに干し芋にしても美味しいとのこと。
子どもたちは話を聞きながら、秋の焼き芋大会を待ちきれない様子でした。
また、今回は今まで経験してきた斜め植えだけではなく、縦植えにも挑戦してみることにしました。
佐藤さんによると、斜めに植えると、どのいもも平均的な大きさに育つそうです。一方、縦植えだと小さないもがいくつかできる代わりに大きないもも育つということでした。
収穫の時期まで覚えておき、違いを比べてみたいと思います。




ひと苗、ひと苗を大切に〜全校田植え〜

2016.11.21 


5月31日(火)は全校田植えを行いました。
今年度は、大津貴夫さんをはじめ、魚之田川の老人会から大津三作さんと波形カツさん、地域おこし協力隊から横澤祥太郎さん、安藤直人さん、本間小百合さんがボランティアとしてご協力下さいました。
また、その他に地域から馬場豊さんと森孝寿さんも飛び入りでご参加いただきました。
子どもたちは4グループに分かれ、ボランティアの先生からご指導いただきながら、ひと苗ひと苗大切に植えて行きました。
全てのグループが横一列に並んで一斉に植えていったのですが、列が崩れることなくテンポよく植えていくことができました。
予定していたよりもだいぶ早く手植えは終え、教えに来て下さった皆さんもたいへん驚かれていました。
確実に子どもたちの手植えの技術が上がってきている証拠だと思います。




天候に恵まれて山菜取り

2016.11.21 


5月2日(月)は、全校で山菜採りに出掛けました。講師として新水の久保田秀一さん、お手伝いとして地域おこし協力隊の小林千詠美さんがいらっしゃってくれました。
例年より雪解けが早かったせいか、山に入るといつもより緑が濃い印象を受けました。
山菜もものによっては大きく成長してしまったものもあり、コゴミなど収穫できないものもありました。
しかし、子どもたちは流石山菜採りのプロ!
ウド、ゼンマイ、キノメなど食べ頃な山菜を次々と見つけ、ビニール袋いっぱいに収穫することができました。




すじまき・苗出し見学

2016.11.21 


今年度も田んぼの先生の大津貴央さんに米づくりの先生をお願いし、5・6年生がすじまき・苗出しの見学に行ってきました。
子どもたちからは理科の学習と関連した質問(「お米は種か?実か?それとも他の何か?」)が出たこともあり、貴央さんから発芽を中心にお話をしていただきました。
芽出しにはサケの卵の孵化と同様に積算温度が大切になってくることや、発芽したばかりの芽がなぜ白いのかなど興味深い話ばかりでした。
また、発芽機やすじまき機など必要な機械の他にプール育苗の様子も見学させていただき、とても中身の濃い1時間となりました。




新1年生、ようこそ!

2016.11.21 


新学期が始まって翌日の4月8日(金)に今年度の入学式を行い、28年度の飛一小が本格的にスタートしました。
入学式を行うにあたり、新5・6年生が一生懸命働いてくれたので紹介します。春休み中の5日には教室や会場の清掃・飾り付けをみんなで協力して行い、スムーズに準備を進めることができました。また、式本番でも6年生の3名は力を合わせて児童代表の挨拶を行い、短い練習期間ながら堂々とスピーチする姿は立派でした。
これからも飛一小の顔として全校をリードする機会がたくさんあります。5・6年生一人一人がそうした機会で輝いていけるようにクラス一丸となって取り組んでいきます!




H28年度 大運動会の実施について

2016.09.11 


本日(9月11日)の飛渡第一小学校・飛渡地区ふれあい大運動会は、予定通り学校グラウンドにて実施します。




秋の活動その1

2015.11.18 / 佐藤 吉宏


今年度、食農教育の視点から「農作物を栽培し収穫し調理して食べる」の連続性のある活動を総合学習や生活科、クラブ活動などで進めています。ジャガイモは理科の学習でも観察対象になりますが、それだけで終わらせないところが大事です。しっかり調理し食べるところにつないでいきます。食べることの意味も考えたいです。


全校での稲刈り。今年は4年生が中心となって稲作を進めてきました。大津貴夫さん指導の下、「飛渡キラッと米」の収穫を行いました。今年は上手く稲束が作れるかなと高学年は手早く刈り取っていきます。低学年はやっと刈り取っては積み重ねます。どうやら束の大きさがまちまちで大変そうです。地域の皆さんの応援とご指導でなんとか刈り上げました。



耐震補強工事完了

2015.11.18 / 佐藤 吉宏


夏季休業中、耐震補強工事をしていただきました。大きな鉄骨の枠や支えが入ったり、壁がコンクリートの厚いものに変わったりと思った以上に大がかりな工事でした。短い期間での完成を目指し、工事関係者の方達は、休日無しで遅くまで作業されていました。お陰で、8月末きれいになった教室で2学期を迎えることができました。


今までの屋上には、昔の煙突が立っていたのですが、きれいに取り払われて防水塗装で仕上げていただきました。これで雨漏りの心配が無くなります。雪庇を防ぐフェンスも取り付けていただき、降雪期の心配が軽減されました。うれしいことです。


苦労して2学期に開始に間に合わせてくださったこと、明るくきれいな校舎にしていただいたことに感謝し、工事関係者の皆さんにお礼の会を開きました。丈夫な鉄骨の支えが入って、塗装し直したきれいな壁をLEDライトが明るく照らす音楽室で会を行いました。皆さん本当にありがとうございました。


花びら舞う〜お花見給食〜

2015.05.15 


4月30日は、全校でお花見給食を行いました。
6年生は、今年のお花見給食が最後ということもあり、前々から楽しみにしていました。
子どもたちの日頃の行いが良いせいか、天候は快晴!
春の陽気が少し暑い位でした。
連日の天気の良さで桜も少し散り始めていましたが、真っ青な空の下で桜の花びら舞う様子はとても素敵でした。
飛一小での思い出がまた一つ増えましたね。




ようこそ飛一小へ〜1年生を迎える会〜

2015.05.15 


4月22日は、1年生を迎える会を行いました。
1年生の自己紹介では、質問ボックスから引いたお題に1年生が答え、意外な一面を知ることができました。
在校生は、イラストやバスケットボール、一輪車など様々な特技紹介を披露しました。
最後に、全校でバナナ鬼をして、楽しく仲を深めることができました。




ルールを守って安全に〜自転車安全教室〜

2015.05.15 


4月23日、自転車安全教室を行いました。
十日町交通安全協会交通安全指導員の若山俊雄さん、村山春雄さんと中条駐在所の駒形巡査部長さんから自転車の安全な乗り方やルールについて教えていただきました。
乗り方やルールを守るとともに、年1回の定期点検やヘルメットの準備・着用も忘れず、安全運転を心掛けましょう。




礼を大切に〜相撲教室〜

2015.05.15 


新学期早々の4月10日に十日町青年会議所のみなさんが、「子ども相撲教室」を開催してくれました。
まわしの付け方や立ち会いの仕方等、普段触れることがない体験に子どもたちは興味津々でした。
同時に相手を尊重し敬意をはらい、場を大切にする謙虚さを学ぶことができました。
子どもたちの元気な声が体育館いっぱいに響き、忘れられない一日となりました。




元気な新入生、4人の男の子たち

2015.05.15 


始業式に続き、4月8日が入学式でした。
今年度は新入生4人みんなが男の子。
式では、堂々とした入場やはきはきした返事に初々しさと頑張るぞという気合いが伝わりました。
元気な1年生を迎え、飛一小に新たな春風が吹いています。




平成27年度飛一小スタート!

2015.05.15 


4月7日の1学期始業式を皮切りに、平成27年度の飛一小がスタートしました。
短い春休みを経て元気に登校してきた子どもたち。
新入生4名を迎え、全校児童16名となります。
また、1名増員で7人体制となった教職員。
人数が増え、より賑やかとなった飛渡第一小学校です。
昨年と変わらぬご指導、ご支援をお願いいたします。




サンタがやって来た?!〜クリスマス朝会〜

2014.12.19 


 16日(火)は、子どもたちが待ちに待ったクリスマス朝会でした!今回も4・5年生が企画・運営し、とても楽しい会となりました。

 4・5年生は、この日のために国語の時間も使いながら劇の準備をしてきました。短い準備期間にもかかわらず、完成度が高くたいへん驚きました。特に某サンタは大活躍で、1・3年生もとても喜んでおり、笑い声が終始絶えませんでした。高学年の皆さんからのすてきなプレゼントとなりましたね。

 劇の後は、お楽しみの宝探し!2階の各教室に隠された宝を子どもたちは真剣に探していました。なかなか見つけられない1年生を手伝ってあげる姿が高学年に見られました。

 きっと来年も飛一小の頑張り屋のみなさんにサンタからすてきなプレゼントが届くことでしょう☆




出来立て熱々あんぼ作り!

2014.12.19 


 3日(土)は、魚之田川のよんたごで公民館主催の「あんぼ作り」が行われました。当日は、朝から大雪でしたが、子どもたちは天候に負けず元気いっぱい「あんぼ作り」に挑戦していました。

 最初は、餅粉とよもぎをこねて生地をつくる作業。小さな手で力いっぱいこねていくと、やがて生地はきれいな黄緑色へと変わっていきました。
次は、その生地を手の平で薄く伸ばし、餡を詰めていく作業。上学年の子たちは、慣れた手つきで器用に餡を詰めていました。1年生や保育園の子たちは、真剣な眼差しでその様子を眺め、お兄さんたちの真似を一生懸命していました。うまくいかないと、優しく教える上級生。頼もしいお兄さんっぷりでした。

 最後に、蒸し器で蒸すとあんぼは鮮やかな緑色に!出来立て熱々を頬張る子どもたち。出来上がりは上々でみんな美味しそうに食べていました。ふるさとの味を地域の皆さんと一緒につくり味わう貴重な体験となりましたね♪




サケのためなら

2014.12.19 


 サケが学校へ届いてから2週間が経ちました。その間に多くの卵が孵化し、現在水槽の中には多くの稚魚たちがいます。ただし残念ながら、わずかではありますが、孵化できずカビてしまった卵もあります。4年生男子が発見してくれました。飼育の難しさを改めて感じています。

 また、孵化を終えると、水槽の水も汚れやすくなることから、4・5年生で入れ替え用の水を庭野工業さんに汲みに出かけました。ポリタンク4つにそれぞれ、いっぱいに水を入れ、重たくなったタンクを一生懸命学校へ運んでくれています。

 サケを飼育していく中で様々なトラブルに見舞われることもあるかと思いますが、元気に育てることができるようにこれからもみんなで見守っていきましょう!




サケの卵、届く!

2014.12.09 


冬の本格的な訪れを前に、今年度も中魚沼漁協の長谷川組合長さんからサケの卵を届けていただきました。

卵の中をよく見ると、すでに稚魚らしき姿がピクピクと動いていました。

現在の積算温度は420度。

長谷川組合長さんによると、480度くらいで孵化するのではというお話でした。

早ければ、今週中には可愛い稚魚がお目見えするかもしれませんね!

これから3月の放流まで大切に育てていきましょう。




特設スキー部始動に向けて

2014.12.09 


12月から特設クロカンスキー部の活動が始まります。

今、学校ではスキー部の活動準備が進んでいます。

ワックスルームとなるなかよし教室前にクロカンの板を設置したり、コース付けで大活躍するスノーモービルの点検をしたり。

今年もたくさん滑ってスキーのテクニックをどんどん磨いていきたいですね!




サケ飼育ポスター作り!

2014.12.09 


冬の訪れとともに、飛一小ではサケの飼育が始まります。

今年は4・5年生が中心となり、サケを飼育するための準備を進めているところです。

水槽の水替えやエサのあげ方についてポスターにまとめたり、飼育に使う道具をきれいにしたりと張り切っています。

毎年貴重な卵を届けてくださる中魚沼漁協の長谷川さんの来校が楽しみですね♪




ありがとうございました小磯先生、よろしくお願いします小海先生!

2014.11.18 


本日11月14日をもって、1・3年生の担任の小磯先生が産休に入られます。

それに伴い、小磯先生へ激励の式、小海先生の着任式を行いました。

5年生のみいなさんが児童を代表してお礼の言葉を述べたり、子どもたちからサプライズの手づくりプレゼントを贈りました。

元気な赤ちゃんを産んで、また飛一小に戻ってきてほしいですね!

再び会えることを楽しみに、しばしのお別れです。




広島土砂災害へ寄付

2014.11.11 


手づくり市での元気パクパク飛渡米の売上げを、今年度は広島の土砂災害へ全額寄付することにしました。

そこで、4・5年生が市の社会福祉協議会へ向かい、広島へ届けていただくようお願いしてきました。

封筒には義援金の他に4・5年生から被災者のみなさんへのメッセージも入っています。

子どもたちの思いが広島へ届きますように!




第二回PTA整備作業〜冬支度完了〜

2014.11.11 


11月9日(日)に第二回PTA整備作業がありました。

保護者の皆様、後援会の皆様のご協力をいただきながら、冬支度を済ませることができました。

お休みのところ、本当にありがとうございます。

また、子どもたちからも何名かお手伝いに来てくれ、一生懸命作業していました。

中には来年入学する新一年生の姿も!

入学を心待ちにしているのが伝わってきました。




金色に染まる稲穂

2014.09.11 


9月になり、朝夕の冷え込みとともに稲穂が一層色づいてきました。

学校田の稲もだんだんと頭を垂れ、金色に輝き始めています。

総合的な学習の時間に観察を進めている4・5年生はその変化に驚いていました。

今年も美味しいコシヒカリがたくさん収穫できるといいですね!




拡大中挨拶運動(^O^)

2014.09.09 


2日から4日までの間、拡大中挨拶運動の取組がありました。

飛一小には中条中から6人の卒業生が来校。

連日元気な挨拶が響き渡っていました。

今回は9月の後半にも挨拶運動を予定しています。

また近々中学生に会えるのが楽しみですね!




朝ランで体力づくり!

2014.09.01 


2学期の体力づくりの一環として、朝ラン(ランニング)がスタートしました!

親善陸上競技大会、校内マラソン大会など2学期も体育行事が満載です。

それぞれ自分で立てた運動の目標を達成できるように、進んで朝ランに取り組んでほしいと願っています☆

朝ラン後、子どもたちの衣服が汗でびっしょりですΣ(・∀・;)

着替えの肌着やTシャツ、タオル等が毎日必要ですね!




2学期スタートです!

2014.09.01 


長い夏休みを経て、ついに2学期が始まりました。

子どもたちの日焼けした顔からは、たくましさが伝わってきます。

充実した休みを過ごせたのではないでしょうか?

どの子も夏休みの思い出話に花を咲かせている姿が印象的でした。


また、始業式では3年生と4年生の代表が今学期のめあて発表を行いました。

秋は実りの季節です。

それぞれが新たな目標に向かって実り多い学期にしていきたいですね!




4・5年生宿泊体験学習☆

2014.08.27 


19日(火)、4・5年生は新潟大学児童文化研究部のお兄さんお姉さんと宿泊体験を行いました!

夕飯は笠置キャンプ場で飯ごうを使った炊飯とカレー作り。

カレーには学校で作った夏野菜をふんだんに使いました。

みんなが育てた野菜の味は格別でしたね♪

飯ごうで炊いたご飯には美味しいお焦げができました。

新大のお兄さんお姉さんも喜んでくれて良かったですね(^^)




激走、陸上教室二日目!

2014.08.27 


19日に引き続き、夏休み中の陸上教室二日目がありました。

前回は短距離走の練習でしたが、今回は全児童で長距離練習!

まずは今年度の校内マラソン大会のコースを試走しました。

その後、1年生が700m、3〜5年生が1400m走にチャレンジ☆

天気が良く暑い中でしたが、どの子も一生懸命練習に取り組みました。

夏休み中の陸上教室はこれで終わりですが、2学期の校内マラソン大会や親善陸上大会に向け、目標をもって自主練ができるとすばらしいですね!!




夏季陸上教室&パワーアップ教室開始!

2014.08.27 


お盆も明け、夏休みも残すところあとわずかとなりました。

飛一小では今日から夏季陸上教室とパワーアップ教室が始まり、子どもたちの元気な姿が見られました☆

陸上教室は午前中の涼しい時間帯に行ったものの、どの子も一生懸命練習に取り組み、気持ちのよい汗を流していました。

また、陸上後は協同学習室でそれぞれが夏休みの課題等を集中して進めることができました(≧ω≦)b

2学期からロケットスタートを切れるように、夏休みの残り期間を大切に過ごしていきたいですね!




5年生、親善水泳大会で活躍!!

2014.08.05 


7月29日(火)に十日町地区親善水泳大会が西小学校で開催されました。

 飛一小からも5年生が出場し、これまでの練習の成果を存分に発揮してくることができました。

 競技は50m自由形と25m背泳ぎにエントリー。

 どちらも見事に泳ぎ切り、50m自由形では自己ベスト更新、25m背泳ぎでは3位入賞を果たしました!

 また、中条小の水泳部のみなさんと練習の時から交流があり、本番でも合同で応援を行うことで、一層親交を深める機会となりました。




PAGE TOP