最近のおたより

読書指導 new

2018.12.12 


12月11日十日町市教育センターの盒兇靴音卆萓犬らご来校いただき読書指導をしていただきました。下学年と上学年に分けて、本を紹介していただいたり、お勧めの本を読んでいただいたりしました。読書は「言葉を知ることができる」「心が育つ」「頭がよくなる」「いろいろな世界を知ることができる」と読書の大切さをお話ししていただきました。また、十日町情報館にある本をたくさん紹介していただき、冬休みに向けて 子どもたちの読書への意欲が高まりました。




サツマイモ調理に挑戦。 new

2018.12.11 


12月10日、全校児童で学校の畑でとれた、サツマイモを使っての料理に挑戦しました。佐藤可奈子さんから植え方と収穫の仕方を教えていただいて育てた、「べにはるか」という品種です。今回は、ゆでいもとオーブンでの焼き芋、そして、スイートポテトを作りました。甘くてほくほくと、おいしくできました。




あんぼづくりに参加しました。 new

2018.12.11 


12月8日(土)飛渡公民館で、あんぼづくりがあり、飛一小の子どもたちが参加しました。春に子どもたちが校庭で摘んで冷凍したヨモギも使っていただきました。こねて、包んで、ゆでて。5年生は毎年参加しているので、慣れた手つきで上手に作っていました。




学習参観・懇談会(道徳科授業公開) new

2018.12.11 


12月の学習参観は、全校で道徳科の授業を公開しました。今年度から、「特別の教科道徳」として、教科書の使用も始まりましたので、保護者の皆様から授業の様子を見ていただきました。




サケの飼育が始まりました new

2018.12.11 


 11月27日(火)中魚沼漁協の長谷川組合長さんが、サケの卵を持ってきてくださり、全校で「サケの卵を迎える会」を行いました。庭野後援会長さんも駆け付けていただきました。
 今年は全部で200個の卵をいただきました。代表の子どもが「できるだけ大きく育てて放流できるようにしたいです。」と決意を発表して、全員が少しずつ用意していた水槽に入れました。これから3月まで、水温の記録、エサやり、水替えなどのお世話が始まります。みんなで力を合わせて、少しでも大きくしてたくさん放流できるように願っています。




いじめ見逃し0朝会 new

2018.12.11 


11月の児童朝会で、いじめ防止朝会を5年生が中心になって行いました。
 初めに、5年生が、「これはいじめにつながるかもしれないぞ」という場面を想定した寸劇を発表しました。遊びや清掃など、日ごろのちょっとした場面でも、言い方一つ、友達への接し方一つで、いじめにつながることに気付いてほしいという考え方からでした。
 その後、全員で「どこがおかしいか」「気を付けること」について話し合いました。人数の少ない、毎日同じメンバーと顔をあわせて生活する飛一小の子どもたちです。気心が知れている分、配慮や相手への気遣いを忘れてしまいがちな面もあります。児童朝会をきっかけに「親しき仲にも礼儀あり」「近しい相手にもちょっとした心遣い」の心が育ってほしいと思います。




全校遠足 上越水族博物館へ行きました。 new

2018.12.11 


11月21日(水)全校児童と職員、希望参加の保護者のみなさまと、上越市立水族博物館「うみがたり」へ行ってきました。 「うみがたり」は、今年6月にリニューアルオープン。当日は好天、ぽかぽか陽気に恵まれました。
 今回は、ほくほく線を利用しての電車の旅としました。一人一人お金を出して券売機で切符を買って改札を通りました。初めて切符を買った子もいて、一つ一つが体験でした。
「うみがたり」は、リニューアルにふさわしく、美しい展示、楽しい展示がたくさんでした。迫力の大水槽、水中チューブ、水中イルカショーも観覧。日本一の飼育数のマゼランペンギンなど、水族館を大いに満喫することができました。




PAGE TOP