最近のおたより

クロカン絶賛活動中! new

2019.01.11 / 藤田 剛


昨日、今年度の滑り初めに
グラウンドに繰り出したのは、
中学年の子どもたちでした。

スキーを履いて、
思い切り走り回ります。

雪うさぎみたいです。


山があんまりきれいなものだから、
みんなで眺めているのでしょうか。


子どもたちが走る前には、
こうやって先生が
スノーモービルを駆って
コースをつけます。

吹雪の日なんかはとてもつらい作業ですが、
晴れているととても気持ちがいいです。


クロカンスキーが始まった! new

2019.01.10 


グラウンドで、
クロカンスキーの学習が始まりました。

これは高学年。
ストックなしで、スキーの感覚を思い出します。

寒いけれど天候はばっちり。
スキーを履くのは1年ぶりですが、
上手いもんです。


もともと、北欧の人々の移動手段であったスキー。

それが「坂滑るとおもしろくね?」
というノリで生まれたのが「アルペンスキー」。
なので、スキーとしての歴史は。子どもたちが今
履いている「クロカン(ノルディック)」の方が
ずっと古いのだそうです。


十日町にすっかり根付いたスポーツですね。

楽しませましょう。好きになるようにさせましょう。
子どもたちがクロカンスキーを
生涯スポーツとして楽しんでくれるように。

「そのためにできること」を意識しながら、
指導に当たっていきます。


新春書き初め大会;高学年 new

2019.01.10 


高学年。
落ち着いた雰囲気の中、筆を走らせます。


5年生のお題は

「大自然」。

何枚も書いて、よいのを選ぶのがまた、難しい。


6年生。

お題は

「新雪の朝」。

かなりのテクニックを必要とします。

中には、大人顔負けの腕前の子もいます。


新春書き初め大会;中学年 new

2019.01.10 


中学年以上は、毛筆になります。

3年生は、初めての毛筆書き初めです。

心を落ち着けて!


一筆一筆をしっかりと。
力強い字を書いていますね。

4年生のお題は「春の花」。


今年毛筆初挑戦の3年生。

お題は「心の友」。

とめ・はね・はらいをしっかりとしないといけない
結構難しいお題です。


新春書き初め大会;低学年 new

2019.01.10 


今日の2時間目は、「書き初め大会」。

「大会」といってもコンクールなわけではなく、
気持ちを新たに、いい字を書こう!
というイベントです。

こちらは初参加の1年生。
がんばって書いています。


2年生。
元気な子の多い学年ですが、
この時間は

「息をする音が聞こえる」
ほどの静寂。

張り詰めた感じです。
こういうのも、たまにはいいです。


「書き初め」といっても、
低学年は「硬筆(鉛筆)」です。

姿勢や持ち方も、とっても大事。

いい書き方をしていますね。


「眠り」はとても大切。 new

2019.01.10 


「睡眠」について、
今ほどいろいろな人が注目している時代はないのかな、
と感じることがあります。

「睡眠負債」なんて言葉も生まれ、
通販番組も「よりよい睡眠のための」
寝具の取扱が多いですね。


成長期にある小学生にとっても、
睡眠の「量」や「質」は、
とても大事です。

高学年が「パワーアップ週間」を前に
自分の睡眠について見直し、
よりよい生活を目指した
授業を行いました。


たくさんの目当てや、
目標に向けての行動を確認。

言葉だけにならないように、
よい睡眠をとって、
毎日元気に登校してほしいです。


美しい橘の朝 new

2019.01.10 


雪もやんで晴れましたが、
そういう日は放射冷却でものすごく寒くなります。
近くの気温計が−9℃を記録しました。

除雪でできた雪山「橘冨士」に
朝日が昇ります。

「ダイヤモンド橘冨士」です。
今年はちょっと、標高が低いかな。


凍てついたこの道を通って、
子どもたちがもうすぐやってきます。


手前に見えるのは、雪をかぶった
スノーモービル。

これから、これでグラウンドにコースをつけ、
そこを子どもたちが滑走します。

今日は絶好のスキー日和になりそうです。


新春かるた取り選手権 new

2019.01.09 


3学期2日目の朝は、「全校ほっとタイム」。

お正月らしく、山びこ班ごとにかるた取り大会。


子どもによっては、お正月に
家でもしてきたんでしょうが、

「学校で、友達と」だと、
また別の楽しさもあります。


結構、真剣です。

みんなでやるから、楽しいんですよね。


1年生算数 new

2019.01.09 


3学期の学習が本格的に始まりました。

1年生の算数は「長さ」の学習。

テープを使って長さ調べ。


難しい話をすると、

こうやって、「長さ」が「量をもつもの」
であり、「数値」として表せる、
ということを 体験的に身に付けるわけです。


こういう「算数的活動」を
たくさん取り入れて、

「量の比較の方法」
「普遍単位の必要性」
なんかを徐々に身に付けていくわけです。

まだ、子どもたちは楽しんでいるだけですが、
「目的をもった活動」です。


おかえり! new

2019.01.08 


学校に、子どもたちの声が戻ってきました。
やはり学校はこうでないと。

56名、一人の欠席もなく、雪の中元気に登校しました。


今年は、初日から給食あり、フルタイムです。

平成31年最初のメニューは、ハヤシライス。
もりもり食べます。


久々に、そして今年初めて見る
子どもたちの元気な姿。

先生たちも嬉しそうです。

さあ、3学期。
短いけれど「濃い」学期です。


あけましておめでとうございます。 new

2019.01.04 


平成31年が幕を開けました。
5月からは新しい元号になりますね。
いろいろとメモリアルな年になりそうです。

子どもたちはまだ冬休み中ですが、
先生たちは今日が仕事始め。

雪もやみ、
きれいな晴天となりました。


グラウンドからは、白く雪化粧した
越後三山。

いつもより少ないけれど、
ある程度の積雪があったので、
クロカンスキーもできそうです。

来週から始まる軍愆。
とても短いですが、
各学年のまとめをし、
卒業・進級へのステップとなる
大切な学期です。


「よく考え進んで高め合う子」

橘小学校の教育目標です。
深い意味が込められています。

時代が平成から次に移ろうとも、
こんな子どもたちの具現化に努めます。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。


PAGE TOP